スポンサーサイト

カテゴリ:スポンサー広告 [--年--月--日 --時--分]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集

額神社 (かほく市高松)

カテゴリ:かほく市 [2009年10月22日 19時00分]
1 情報
takamatunuka1
No.442
名称額(ぬか)神社
場所かほく市高松コ6
祭神野蛟神・伊弉諾尊・事代主神・桜井三郎左衛門命 
創立年不詳 嘉永3年現地に移転
社格式内社(野蚊神社)論社、村社(S18)
境内社1社
文化財等 
規模中規模
例祭 
紋章takamatunukamon銅馬に
参拝月2009.9
参考文献石川県神社庁HP内 額神社 
境内の石版「額神社由来略記」金津彰泰S54
『式内社調査報告 第十六巻 加賀能登国』202頁式内社研究会著・皇學館大學出版部発行S60


2 雑感

おすすめ度☆+
 『式内社調査報告』に、額(ぬか)の音が野蚊(のか)に通じるところから、式内野蚊神社ではないかとの記述がある。しかし、その証拠は残っておらず、極めて疑わしいという。また、祭神は野蛟神だから、もしかすると式内野蛟(のづち)神社の論社なのかもしれない。野蚊と野蛟の関係がよくわからない。どちらかが誤植であるという説もある。

 かつてここらへんで大火事があったので、火事を防ぐため鎮火祭が行われている。赤飯を氏子にくばるらしい。また、末森城の合戦で前田利家に味方した桜井三郎左衛門を神として祀っている。実在が確かな、地方の人物を祀るというのは珍しい。他に前田利家、前田綱紀、長谷部信連くらいしか見たことがない。拝殿建築が立派で、装飾が細かい。また、境内はかなり広く雰囲気はよい。目前は高松町の商店街だが寂れている。

takamatunuka2
 境内。

takamatunuka3
 拝殿。

takamatunuka4
 目前の商店街。
スポンサーサイト
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

瀬戸菅原神社 (かほく市瀬戸町)

カテゴリ:かほく市 [2009年02月03日 20時51分]
1 情報
setosugawara1
No.260
名称瀬戸菅原神社
場所かほく市瀬戸町
祭神速秋津比古・伊弉冉命・天満大神・少彦名命・大国主命
創立年 
社格式内社(瀬戸比古神社)論社、惣社(大海庄/『石川県神社誌』)、村社、神饌幣帛料供進神社(M39)
境内社 
文化財等 
規模中規模
例祭3月24日
参拝月2009.1
参考文献境内の石版『瀬戸菅原神社御由緒』瀬戸博夫H19
『石川県高松町史』p625高松町史編纂委員会編・石川県河北郡高松町発行S49
石川県神社誌』p249石川県神社庁編集・発行S51


2 雑感

 式内瀬戸比古神社論社ともいう。かつての高松町の山のほうに位置する。

setosugawara2
 社殿。

setosugawara3
 境内。

setosugawara4
 裏参道。
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

賀茂神社 (かほく市横山)

カテゴリ:かほく市 [2008年12月06日 23時06分]
1 情報
kamokai1
No.100
名称賀茂神社
場所かほく市横山
祭神加茂別雷神・貴布禰神・天照大神
創立年不詳だが敏達天皇(在位572~585年)以前
社格式内社、県社(M14)、神饌幣帛料共進神社(M39)
境内社
文化財等 
規模大規模
例祭6月5日
調査月2008.12
2009.1
参考文献境内の石版『加茂大宮由来』金津彰泰S55
『石川県神社誌』p255 石川県神社庁編集・発行S51


2 雑感

おすすめ度☆
 近代的な大規模駐車場・きれいな社殿を備えた神社。とにかく、新築の社殿がきれいだった。

 訪問した月は12月。やたらと雪が降った日だった。北陸の冬は、雪やら雨やらが降り続いて、いつも薄暗い。そのせいで写真の写りが非常に悪いです。

(2009.2.3追記)
 写真を差し替え。

kamokai2
 きれいな社殿。

kamokai3
 境内。
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

八幡神社 (かほく市森)

カテゴリ:かほく市 [2008年11月08日 19時46分]
1 情報
P1000019fdoj (39)
No.79
名称八幡神社
場所かほく市森ツ2番地
祭神応神天皇
創立年承和8年(841年)
社格無格社
境内社 
文化財等石川県 埋蔵文化財包蔵地
規模中規模
例祭6月14日
参拝月2008.11
参考文献石川県神社誌』p442石川県神社庁編集・発行S51
境内の立て札


2 雑感

おすすめ度☆

 西田幾多郎生誕の地のすぐ傍にある神社。つまり、幼少時の幾多郎はここで遊んだはず。神社の傍で育つと哲学者になるのか?
 歴史は古く、境内の植物は高レベル。
 まわりの住宅地は静謐さがある気がする。こういうところにすんでると頭が良くなるかもしれませんね。
 
P1000019fdoj (37)
 何が埋まっているの?

P1000019fdoj (36)
 参道。

P1000019fdoj (35)
 社殿。ここで幾多郎が遊んだのか?

P1000019fdoj (34)
 境内。

P1000019fdoj (33)
 まわりはひなびた住宅地。

 

コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

大物主神社 (かほく市狩鹿野)

カテゴリ:かほく市 [2008年11月08日 19時35分]
1 情報
P1000019fdoj (43)
No.78
名称大物主神社
場所かほく市狩鹿野
祭神大物主神
創立年 
社格無格社
境内社 
文化財等 
規模ごく小規模
例祭3月19日
参拝月2008.11
参考文献石川県神社誌』p254石川県神社庁編集・発行S51


2 雑感

 たんぼの際にある小さな神社。社殿はちいさくてよい。ガラス張りの社殿よりはこっちがよい。
 かつて式内小濱神社の附属社。

P1000019fdoj (42)
 社殿。

P1000019fdoj (41)
 うしろは田んぼ。

コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

八幡神社 (かほく市指江)

カテゴリ:かほく市 [2008年11月08日 19時29分]
1 情報
P1000019fdoj (46)
No.77
名称八幡神社
場所かほく市指江イ97番地
祭神誉田別尊・気長足姫尊・比大神
創立年 
社格無格社
境内社 
文化財等 
規模中規模
例祭9月15日
参拝月2008.11
参考文献境内の石版
石川県神社誌』p254石川県神社庁編集・発行S51


2 雑感

 本神社は、旧式内小浜神社の摂末社であった。それが、前田利家の出資により、天正15年に当地に移転したという。
 旧式内小浜神社とはどこの神社か?福井の小浜ではあるまいと思うが。知っている人は教えてください。

 児童公園が付属し、こぢんまりとした神社。

P1000019fdoj (45)
 社殿。

P1000019fdoj (44)
 石壁に彫られた馬。こんな馬はめずらしい。みんな銅像なのにね?

P1000019fdoj (48)
 付属公園。

コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

倉稲魂神社 (かほく市狩鹿野)

カテゴリ:かほく市 [2008年11月08日 19時17分]
1 情報
P1000019fdoj (52)
No.76
名称倉稲魂神社
場所かほく市狩鹿野
祭神倉稲魂神
創立年文久3年(1863年)
社格無格社
境内社 
文化財等 
規模小規模
例祭8月26日
参拝月2008.11
参考文献石川県神社誌』p253石川県神社庁編集・発行S51


2 雑感

 小高い丘の上の神社。遠くから見るとなかなか良い感じだが、境内に入ってみるとそれほどでもない。景観上の話。

P1000019fdoj (51)
 社殿。

P1000019fdoj (50)
 田んぼと山。のどか。

コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

日吉神社 (かほく市上山田)

カテゴリ:かほく市 [2008年11月08日 19時13分]
1 情報
P1000019fdoj (55)
No.75
名称日吉神社
場所かほく市上山田
祭神大山咋神
創立年不詳
社格村社
境内社 
文化財等 
規模小規模
例祭9月17日
参拝月2008.11
参考文献石川県神社誌』p247石川県神社庁編集・発行S51


2 雑感

 ごくありきたりな神社。社殿は新しいが、神社に限ってはそれはプラスといえない。ただし、ずいぶんとピカピカしていた。

P1000019fdoj (54)
 社殿と狛犬。

P1000019fdoj (53)
 道路と山並み。

コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

t

Author:t
男性。詳しくは自己紹介で。
mixiの所在
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 石川情報へ
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 福井情報へに参加中。

Powered by / © Copyright 石川県と福井県の神社 all rights reserved. / Template by IkemenHaizin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。