記紀に出てくる能登ゆかりの人物と神社

カテゴリ:石川県の神社 [2011年05月07日 23時50分]
 古事記・日本書紀に出てくる能登についての記述を抜き出した。ただし、それらの記述は全て人名に関するものとなっている。それらの人物にまつわる神社があるのでまとめてみた。読んだ古事記・日本書紀は、角川ソフィア文庫の『新訂古事記』(武田祐吉・中村啓信S52)、講談社学術文庫の『全現代語訳日本書紀 上・下』(宇治谷孟1988)。

【1】 大入杵命(おおいりきのみこと)

『新訂古事記』277頁:三、崇神天皇の項 …「次に大入杵の命は能登の臣の祖先です」
『全現代語訳日本書紀 上』:記述なし

 崇神天皇の子で能登の臣の祖先。現在の中能登町、かつての鹿島郡に下向したといわれる。

notobekai1
 能登部神社 (中能登町能登部上) …大入杵命を祀る

※若狭にある能登神社 (若狭町能登野字森ノ本)は能登から離れているにも関わらず大入杵命を祀っている。

【2】 四道将軍の一 大毗古命または大彦命 (おおびこのみこと)

『新訂古事記』279頁:三、崇神天皇の項 …「またこの御代に大毗古命をば越の道に遣わし」
『全現代語訳日本書紀 上』126頁:巻第五 崇神天皇の項 …「大彦命を北陸に」

 崇神天皇は畿内から四方に向かって平定のために4人の将軍を遣わした。それが半ば伝説の四道将軍であって、北陸を担当したのが大毗古命である。

idakumano4
 熊野神社 (中能登町井田) …大毘古命が創建したといわれる

【3】 石衝別の王または磐衝別命 (いわつくわけのみこと)

『新訂古事記』283頁:四、垂仁天皇の項 …「石衝別の王は羽咋の君・三尾の君の祖先」
『全現代語訳日本書紀 上』147頁:巻第六 垂仁天皇の項 …「磐衝別命を生んだ。これは三尾君の先祖である」

 石衝別の王は垂仁天皇の子であって、古事記では羽咋の君(君は姓の一種)の祖先といわれる。

hakui1
 羽咋神社 (羽咋市川原町) …磐衝別命を祀る

【4】 能登臣馬身龍(のとのおみまむたつ)

『新訂古事記』:記述なし
『全現代語訳日本書紀 下』211頁:巻第二十六 斉明天皇の項 …「能登臣馬身竜は、敵のために殺された」

 まつわる神社は知らない。
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

石川県3つの総社

カテゴリ:石川県の神社 [2011年04月03日 21時51分]
 総社(または惣社)とは、平安時代に現地に赴任した国司が参拝する神社でした。本来は国内すべての式内社をまわるのが国司のつとめだったそうですが、それではあまりにも労力がかかるので、ひとつの神社に式内社すべての神を祀ることにしてそれを総社と呼び、そこ一社に参拝して、すべてを参拝したことに代えたそうです。

notosoujakai1
 能登国総社 (七尾市古府町)

kobuisobekai5
 石部神社 (小松市古府町)

 能登の総社は七尾市にあって、名前もそのまま能登国総社となっており、加賀の総社は能美と小松の境にある石部神社となっています。

 また、式内社の神をまとめて祀ったものとは他の総社もありました。たとえば、

nanaohatimansoujakai1
 八幡神社 (七尾市八幡町)

 は石川県神社庁HPの項目「八幡神社」によれば、「当国八幡の惣社」であったそうです。能登の八幡神社の元締めだったのでしょうか。
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

紋章のいろいろ

カテゴリ:石川県の神社 [2010年01月11日 21時16分]
togitakebemon hegurakonpiramon nonoesugawaramon
kamidoketamon asanomon hajikamimon
oonohiyosimon nomihukusimahiyosimon yadomon
hamakaihatumon takamatunukamon nekonomemon
sirayamahimemon akazumihatiman mon yatigamitokudamon
innnyakumon oonominato mon kasomon
komasimon motomurai monsyou mimanahikokai monsyou
 いろいろ。すべてにリンクを張るのは面倒なので、画像名称からなんとなく察してください。
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

加賀南部の神社には奉納物が多い

カテゴリ:石川県の神社 [2009年12月14日 21時06分]
 石川県と言っても南北に長く、北端と南端とでは大幅に風習も方言も違うが、神社もかなり違う。加賀南部の、能美市、小松市、加賀市あたりの神社には、境内に妙な奉納物がたくさんある。これらは、能登では見られないものである。どうしてこのような風習があるのだろうか。

teraiokunohatiman9
 奥野八幡神社 (能美市寺井町)の玉。

nomihukusimahiyosi6
 日吉神社 (能美市福島町)にある像。頼朝と義経?

hanidatokuhasi5
 徳橋神社 (小松市埴田町)。トローチに見える。

hakomiyajinja9 
 箱宮神社 (加賀市箱宮町)にも玉。
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

石川県の神社検定を作った

カテゴリ:石川県の神社 [2009年12月07日 20時00分]
 けんてーごっこ というサイトで検定を作りました。







石川県の神社検定 1 powerd by けんてーごっこ

 合格したら、当サイトから「石川県神社検定10級」の証書を発行します。履歴書に書いて自慢しよう。挑戦してみてネ!
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

能登の祭神について調べる際の課題

カテゴリ:石川県の神社 [2009年10月10日 22時12分]
 2つの祭神について調べてみたが、考えるについて必要な知識が足りないと思った。まず、有力氏族の氏神、という説明が出てきたが、古墳時代の能登には、どのような有力氏族がいたのか知らないといけない。七尾・鹿島に能登臣、羽咋に羽咋君がいた、ということはおぼろげに知っている。

 また、能登の有力氏族と大和政権の皇族との関係も知らないといけない。もしも大和政権と能登の氏族が緊密な関係を持っていたのならば、大和の神話の神が能登に強い影響を与えても不思議ではない。どの程度の関係だったのかよくわからない。

 羽咋の羽咋氏の開祖は、垂仁天皇の皇子、磐衝別命(いわつくわけのみこと)とされている。だとすれば、羽咋氏は文化的にも大和の強い影響下にあったのだろうか。しかし、Wikipediaによれば垂仁天皇の事跡は史実性が疑わしいという。だとすると、その皇子が羽咋氏の開祖というのも史実性が疑わしいのだろうか。

 そこらへんのことを知っておかないと、祭神の由来について判断ができない。普通に考えれば能登の祭神が大和と同一であるとか、皇族を祀ったものであると書かれていても疑いたくなるが、羽咋の有力氏族の開祖が皇族である、とすれば能登と大和政権の関係は深いのだろうか、とも考える。羽咋・鹿島郡あたりの古代史をある程度知らなければならないし、そのためには羽咋・鹿島郡の古墳を知ることも必要だろう。

 ただ神社の祭神について調べようとするだけでも、かなり知らなければならないことがある。
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

能登の祭神について調べるとすればどうするか

カテゴリ:石川県の神社 [2009年10月06日 19時00分]
 このブログを始めてから1年近く経ったが、最近は興味の在り様も多少変わらないでもない。最初期は神社の雰囲気と景観に最も興味があり、それから式内社・県社郷社に興味が移り、次に社殿の装飾、その次は天然記念物、という風に神社に対する興味が移り変わってきた。それで、ここのところは祭神に多少興味が出てきた。

 祭神といっても、全てのものに興味がある訳ではない。特に、全国的に有名な祭神、具体的にいえば古事記や日本書紀に出ているような祭神には興味がない。なぜなら、メジャーな祭神については既に研究が散々なされているであろうから。かといって、単にマイナーであれば興味がわくというわけでもない。

 調べたいと思うのは、能登、あるいは加賀のみで祀られている祭神についてである。古事記や日本書紀(併せて記紀と呼ぶ)は大和政権で作られたものであって、地方の意向をよく現したものではないと思う。だとすれば、その中に記されていることも、奈良周辺の人たちの考えが中心であるはず。

 大和政権が全国的に支配を拡大していったために、神道の基本的な祭神として記紀に登場するものが挙げられているが、もしも越の国(現在の能登・加賀・越前・越中・越後)の政権が中心として史書をまとめることがあれば、そこに出てくる祭神は、記紀とは相当変わったものになったと思う。

 もしそのような史書があったとすれば、そこに出てくるのは、鳥屋比古神=鳥屋比古神社 (中能登町春木)であったり、石瀬比古神=石瀬比古神社 (輪島市町野町東)であったかも知れない。

 たとえば能登の祭神について調べるということは、1000年以上昔の能登の人の考えたこと、感得したことを知ることになる。例えば、自然のどのような側面について、神格として見ることを考えたのか、など。それを知れば大和政権の物の見方、感じ方を基準にするのと違った形で、身近な地域の歴史を捉えることになる。

 というわけで、これからはとりあえず能登の祭神について調べたい。取り上げる基準は、基本的に記紀に出ていない、という条件を満たしていること。調べる際の手法を以下に書く。

(1) 調べる祭神を決める。
(2) HP「古事記正解」http://www.kojiki.org/ 古事記研究会・作成 主催・関根聡 の検索用『古事記』テキストと、検索用『日本書紀』テキストで検索を掛け、記紀に記述が無いことを確認する。
(3) 色々な文献を使って調べる。とりあえず考えられるものを挙げると、
◇『石川県神社誌』・石川県神社庁HP
◇『石川県鳳至郡誌』・『石川県珠洲郡誌』・『石川県羽咋郡誌』・『石川県鹿島郡誌』
◇『輪島のみやしろ』
◇『能登名跡志』
◇『式内社調査研究』
 いずれも二次資料であるが、まあ素人の余技であって、とても古文書を読むだけの技量は無いので、こんなものだろうと思う。二次資料の記述を集めたものに学問的な価値はないだろうが、自己満足にはなる。
(4) 当Weblogに調べた結果を掲載。

 本当は大学院にでも行って、古文書を読む訓練をして、関連する一次資料を洗い出して、論文を書く、とかすればいいんだろうけど、そこまではできない。
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

5つの弁天島

カテゴリ:石川県の神社 [2009年09月11日 19時31分]
 これまで5つの弁天島をまわった。

koijihakusankai2 
白山神社 (能登町恋路)+恋路海岸 この島が弁天島

P1000019ew (83)
能登町藤波の(おそらく)弁天島

maenamibentenjima1 
恵比寿弁天神社 (穴水町前波の弁天島)

hanebentenjima1 
弁天島 (能登町羽根)

sikaitukusima1 
伊都久志麻神社 (志賀町安部屋の弁天島)

 さがせばもっとあるだろう。多分いずれも弁天を祀っていて、弁天は宗像三女神と同一視されているので、祭神は宗像三女神または市杵嶋姫と思われる。この中では穴水町前波の弁天島が最も景観に優れている。
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

t

Author:t
男性。詳しくは自己紹介で。
mixiの所在
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 石川情報へ
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 福井情報へに参加中。

Powered by / © Copyright 石川県と福井県の神社 all rights reserved. / Template by IkemenHaizin