スポンサーサイト

カテゴリ:スポンサー広告 [--年--月--日 --時--分]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集

小松天満宮 (小松市天神町)

カテゴリ:小松市 [2010年09月07日 11時37分]
1 情報
komatutenmanguukai1
2010.5
komatutenmanguu1
2009.1
石川No.218
名称小松天満宮
場所小松市天神町
祭神菅原神・前田利常命・白太夫神・応神天皇
創立年明暦3年(1657年) 前田利常が創立
社格県社(S15)
境内社 
文化財等○国指定 重要文化財 本殿・拝殿・石の間・神門
規模中規模
社叢松など
例祭9月4日
紋章umebati mon 神門に
参拝月2009.1
2010.5
IJ分類Ac
参考文献境内の掲示板j『小松天満宮』著者は記載無し、S40
石川県神社誌』156頁 石川県神社庁編集・発行S51

2010.9 写真差し替え

2 雑感

個人的感興☆+
 小松市街地のはずれ、川沿いに鎮座。川向は葭島神社。
 よくできた庭園と屋敷のような神社。社殿や神門が重要文化財という。
 なんとなく武家屋敷の庭園のような趣がある。
 境内のスギの木には、人が座るような葉っぱの塊が不断にできる。これは、天狗が腰を降ろす場所であるという。

komatutenmanguukai2
 境内

komatutenmanguukai3
 牛

komatutenmanguukai4
 神門
スポンサーサイト
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

気多御子神社 (小松市額見町)

カテゴリ:小松市 [2010年08月14日 00時51分]
1 情報
ketamikokai1
ketamikokai2
石川No.203
名称気多御子(けたみこ)神社
場所小松市額見町
祭神大己貴命(気多大神)・菊理媛神(白山大神)・天照皇大神(神明大神)
創立年 
社格式内社(国幣小社)、郷社(T14)、神饌幣帛料供進神社(T14)
境内社 
文化財等 
規模大規模
例祭10月1日
紋章ketamikomon 1の鳥居に
参拝月2009.1
2010.5
参考文献境内の石版『気多御子神社由来碑』藤峰雅行、設置年月は記載なし
石川県神社誌』147頁 石川県神社庁編集・発行S51
IJ社叢分類Aa
2010.8 写真差し替え

2 雑感

個人的感興☆☆
 大規模な社叢を持つ神社。とても雰囲気が良い。境内には様々な石像が奉納されており、馬のほかに亀や米俵があった。馬が一番できがよい(下写真↓)。参拝した日は残念ながら社殿で工事をしていた。

2010.8追記
 2010.5には工事が終わっていた。社叢が優れているが、社殿周辺は工事により手が入ったためか林の密度が低く雰囲気が弱い。奉納物がいろいろあり、鳥居の額や手水舎も変わっていて見る価値がある。

ketamikokai3
 参道。 

ketamikokai4
 躍動感あふれる馬。いろいろな馬の像を見てきたが、これはかなり出来が良い。
コメント (4) /  トラックバック (0)
編集

石部神社 (小松市古府町)

カテゴリ:小松市 [2010年05月11日 08時49分]
1 情報 
kobuisobekai1
石川No.207
名称石部(いそべ)神社
場所小松市古府町
祭神櫛日方別命
創立年不詳だが、弘仁14年(823年)以前
合祀
社格加賀国総社、式内社(加賀國・能美郡・石部神社)、加賀一ノ宮?、
郷社(M5)、神饌幣帛料供進神社(M39)
境内社 
文化財等 
規模中規模
例祭9月17日
紋章確認忘れ
参拝月2009.1
2010.5
参考文献境内の石版『石部神社由緒』北野勝次、S61
石川県神社誌』123頁 石川県神社庁編集・発行S51
2010.5 写真差し替え

2 雑感

個人的感興☆+
 平安時代に加賀国総社。国司はここ1社に参拝することにより、加賀の主要8社を参拝することに代えたという。ほかの8社はどこだろう? かなりの規模の社叢に覆われており、古い感じはする。

2010.5.11
 加賀の国一ノ宮を白山比神社 (白山市三宮町)と争った話もあるらしい。

kobuisobekai2
 鳥居

kobuisobekai3
 鳥居2

kobuisobekai5
 まわり
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

葭島神社 (小松市大川町)

カテゴリ:小松市 [2010年05月05日 07時52分]
1 情報
yosijimakai1
石川No.219
名称葭島(よしじま)神社
場所小松市大川町
祭神倉稲魂神・前田利常 ほか6柱
創立年前田利常(1594~1658年)が創立
合祀
社格郷社(M14)、神饌幣帛料供進神社(M39)
境内社
文化財等×石川県指定 〔建造物〕 葭島神社本殿 S44.2.18
規模小規模
例祭 
紋章yosijimamon梅鉢 拝殿に
参拝月2009.1
2010.5
参考文献境内の掲示板『葭島神社本殿』著者・設置年月記載無し
石川県神社誌』156頁 石川県神社庁編集・発行S51

2010.5 写真差し替え

2 雑感

 小松市街地の外れ、住宅街の中、川沿いにある神社。 小松天満宮 (小松市天神町)とは川を挟んで向かい合っている。また、両社とも前田利常が創建。利常は晩年、小松で隠居していたので、それにまつわる由来がたくさんあるのだろう。境内に狛犬はなく、代わりに狐が。倉稲魂神を祀る神社には、狐があるようだ。

2010.5.5
 本殿が県指定文化財だが見られない。

yosijimakai4
 鳥居

yosijimakai2
 狐。しかし毀損が著しい。

yosijimakai3
 拝殿
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

白山神社 (小松市島田町)

カテゴリ:小松市 [2009年11月27日 19時00分]
1 情報
simadasirayama1
No.467
名称白山(しらやま)神社
場所小松市島田町庚33
祭神伊弉諾尊・伊弉冉尊・菊理媛命
創立年七、八百年昔の鎌倉時代初期
合祀八幡社、春日社(M31)
社格神饌幣帛料供進神社(T6)
境内社 
文化財等市指定 〔建造物〕 島田白山神社本殿 H5.11.3
規模小規模
例祭 
紋章umebati mon玉垣に
参拝月2009.10
参考文献石川県神社庁HP内 白山神社
現地の石版「白山神社の由緒」北野勝次S61


2 雑感

 小松の梯川の北、住宅街の中にある小さい神社。本殿が市指定文化財だが、保護するための建物に覆われていて見えない。わりと境内はこぎれい。この集落は梯川の氾濫の際に周囲が水没しても、小高くて島のように残ったことから島田といわれる。本殿はもともと小松城内にあったもので、一時葭島神社 (小松市大川町)に移築されていたが、明治21年当社を全面改築するときにそれをまた移築したという。

simadasirayama2
 2の鳥居。

simadasirayama3
 拝殿。

simadasirayama4
 本殿は見えず。
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

徳橋神社 (小松市埴田町)

カテゴリ:小松市 [2009年11月02日 22時49分]
1 情報
hanidatokuhasi1
No.457
名称徳橋神社
場所小松市埴田町ト3
祭神倉稲魂命・大田神・大宮女神・伊弉那岐神・伊弉那美神・菊理媛命
創立年不詳だが加賀の国府創設(823年)以前か
社格 
境内社 
文化財等市指定 〔天然記念物〕 徳橋神社の社叢
規模中規模
例祭 
紋章tokuhasimon手水場に
参拝月2009.10
参考文献石川県神社庁HP内 徳橋神社
境内の石版「徳橋神社由緒」北野勝次H5.9


2 雑感

おすすめ度☆+
 小松市東部にあって、社叢が市天然記念物で雰囲気がよい。当社は4社が合祀されてできた。まず当地に稲荷社があり、それに神明社を合祀して、明治40年には近隣の宇野神社・白山神社を合祀して徳橋神社と改称した。もともとここは加賀国府の近くで、国司の崇敬が篤かったという。すぐ近くには加賀国総社、石部神社 (小松市古府町)がある。また、ここはかつて屯倉(ヤマト政権の直轄地)だった。

 境内は社叢に覆われ、変な奉納物もあってみどころはある。ここから東に行ったところには後山古墳があるといい、古くから人が住んでいた土地のようだ。社叢を構成するのは主にシイ、ツバキ、モチの木とのこと。

hanidatokuhasi2
 鳥居は多い。

hanidatokuhasi3
 拝殿。

hanidatokuhasi4
 遠くから見た社叢。
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

安宅住吉神社 (小松市安宅町)

カテゴリ:小松市 [2009年10月29日 19時00分]
1 情報
atakasumiyosikai1
No.205
名称安宅住吉(あたかすみよし)神社
場所小松市安宅町
祭神住吉三神
創立年天平年間(729~748年)
社格郷社
境内社金刀比羅社
文化財等県指定史跡 安宅の関跡
規模大規模
例祭9月7、8、9日
紋章tachibana monsyou社殿に
参拝月2009.1
2009.10
参考文献境内の石版『安宅住吉神社』宮司識、設置年月は記載なし
石川県神社誌』136頁石川県神社庁編集・発行S51

2009.10 写真差し替え

2 雑感

おすすめ度☆☆
 勧進帳のおはなしで有名な安宅の関すぐ横にある。海辺の神社。境内は広く、社叢は大規模。参道は坂道になっており、階段を上って行く。個人的に、海辺の神社は良く思う。

2009.10
 義経が関を突破したことから、難関突破の神とされているが、そもそも勧進帳のお話は史実ではなく架空のものである。少なくとも、公的に証明されてはおらず、義経の逃走経路は明らかになっていない。

atakasumiyosikai2
 鳥居。

atakasumiyosi3
 社殿。

atakasumiyosikai4
 弁慶。
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

莵橋神社 (小松市浜田町)

カテゴリ:小松市 [2009年01月26日 19時00分]
1 情報
uhasi1
No.217
名称莵橋(うはし)神社
場所小松市浜田町
祭神莵橋大神・建御名方神・八坂刀売神
創立年 
社格式内社、惣社(得橋郷30ヶ村/境内の立て札)、県社(M29)
境内社 
文化財等小松市指定文化財 本殿
規模中規模
例祭8月27日
参拝月2009.1
参考文献境内の立て札『小松市指定文化財』小松市教育委員会、S58
石川県神社誌』p159石川県神社庁編集・発行S51


2 雑感

 小松市街地のはずれにある神社。交通量の多い道沿い。祭礼を行う建造物が境内にあった。

uhasi2
 社殿。 

uhasi3
 境内。
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

t

Author:t
男性。詳しくは自己紹介で。
mixiの所在
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 石川情報へ
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 福井情報へに参加中。

Powered by / © Copyright 石川県と福井県の神社 all rights reserved. / Template by IkemenHaizin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。