スポンサーサイト

カテゴリ:スポンサー広告 [--年--月--日 --時--分]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集

安宅住吉神社 (小松市安宅町)

カテゴリ:小松市 [2009年10月29日 19時00分]
1 情報
atakasumiyosikai1
No.205
名称安宅住吉(あたかすみよし)神社
場所小松市安宅町
祭神住吉三神
創立年天平年間(729~748年)
社格郷社
境内社金刀比羅社
文化財等県指定史跡 安宅の関跡
規模大規模
例祭9月7、8、9日
紋章tachibana monsyou社殿に
参拝月2009.1
2009.10
参考文献境内の石版『安宅住吉神社』宮司識、設置年月は記載なし
石川県神社誌』136頁石川県神社庁編集・発行S51

2009.10 写真差し替え

2 雑感

おすすめ度☆☆
 勧進帳のおはなしで有名な安宅の関すぐ横にある。海辺の神社。境内は広く、社叢は大規模。参道は坂道になっており、階段を上って行く。個人的に、海辺の神社は良く思う。

2009.10
 義経が関を突破したことから、難関突破の神とされているが、そもそも勧進帳のお話は史実ではなく架空のものである。少なくとも、公的に証明されてはおらず、義経の逃走経路は明らかになっていない。

atakasumiyosikai2
 鳥居。

atakasumiyosi3
 社殿。

atakasumiyosikai4
 弁慶。
スポンサーサイト
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

西二口春日神社 (能美市西二口町)

カテゴリ:能美市 [2009年10月29日 19時00分]
1 情報
nisihutakutikasuga1
No.456
名称西二口春日神社
場所能美市西二口町丙102
祭神天児屋根命・建甕槌命・経津主命・応神天皇・神功皇后・比大神
創立年不詳
社格村社、神饌幣帛料供進神社(S14)
境内社 
文化財等能美市指定天然記念物 タブノキ群
規模中規模
例祭 
紋章nisihutakutikasugamon銅馬に
参拝月2009.10
参考文献石川県神社庁HP内 八幡神社
境内の石版「西二口春日神社由緒」著者、設置年月記載なし


2 雑感

 旧根上町東部にある神社。かつて前田利家の部下が、当地に二口城を築いたが、一国一城令によって廃止された。境内のタブの木群は市指定天然記念物。

nisihutakutikasuga2
 二の鳥居。

nisihutakutikasuga3
 拝殿。

nisihutakutikasuga4
 神木のタブの木。
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

八幡神社 (能美市浜開発町)

カテゴリ:能美市 [2009年10月29日 19時00分]
1 情報
hamakaihatuhatiman1
No.455
名称八幡神社
場所能美市浜開発町丁137-1
祭神応神天皇・神功皇后・比大神
創立年鎌倉末期以前
社格神饌幣帛料供進神社(S9)
境内社 
文化財等能美市指定天然記念物 浜開発町 神木の松 すぐ横
規模小規模
例祭 
紋章hamakaihatumon石版に
参拝月2009.10
参考文献石川県神社庁HP内 八幡神社
境内の石版「浜開発八幡神社由来」北村正彦/平成御大典記念


2 雑感

 旧根上町にある神社。すぐ横に根上の松がある。これは根が地面から浮き上がっている松で、根上の地名もこれに由来する。義経記にも記述があるという。

hamakaihatuhatiman2
 境内。

hamakaihatuhatiman3
 目前。

hamakaihatuhatiman4
 根上の松。樹齢300年ほど。
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

四柳神社 (羽咋市四柳町)

カテゴリ:羽咋市 [2009年10月27日 19時00分]
1 情報
yotuyanagijinja1
No.454
名称四柳神社
場所羽咋市四柳町ナ17
祭神菅原道真・八千矛神・菊理媛神・応神天皇・伊弉諾尊・倉稲魂命
創立年 
社格 
境内社1社
文化財等市指定文化財考古資料 不動町石板碑
規模中規模
例祭 
紋章現地で確認できず
参拝月2009.10
参考文献石川県神社庁HP内 四柳神社


2 雑感

 御門主比古神社 (羽咋市大町)の近くにある。中世には盛大を極めて、「草も木も皆仏なる法の庭其色深き四柳かな」の花山天皇御献詠がある。天正8年の兵火で焼失したという。穴水町の神職、四柳氏や東四柳氏とは関係があるのだろうか。市指定文化財考古資料の不動町石板碑があるはずだが、見つけられなかった。社殿の中にしまわれているのか、それとも離れたところにあるのか。

yotuyanagijinja2
 薪が異常に詰め込まれた建物。

yotuyanagijinja3
 拝殿。

yotuyanagijinja4
 狛犬。台座が石組みで珍しい。
コメント (1) /  トラックバック (0)
編集

八幡神社 (羽咋市神子原町)

カテゴリ:羽咋市 [2009年10月27日 19時00分]
1 情報
mikoharahatiman1
No.453
名称八幡神社
場所羽咋市神子原町ヨ117甲
祭神伊邪那美命・大山津見命・応神天皇
創立年応安年間(1368~1375年)
社格 
境内社
文化財等 
規模中規模
例祭 
参拝月2009.10
紋章mikoharahatimanmon瓦に
参考文献石川県神社庁HP内 八幡神社


2 雑感

おすすめ度☆
 羽咋でも端の神子原(みこはら)という在所にある神社。この在所は米作りに力を入れているらしく、前にNHK県内版で神子原米のPRとして、ローマ法王に食べてもらおうとする取り組みが放映されていた。神の子の原だから、キリストに通じるものがあるという理屈だった。斬新なアイディアというよりは、どこかひとつネジが外れた現実離れしたアイディアに思えた。

 また、この在所では文化保存に力を入れているのか、ところどころにその場所の由緒を説明する立て札が立っている。この神社の境内には、ここは雨乞い社であると書かれた立て札があった。境内は大きな杉に覆われ、かなり雰囲気はよい。

mikoharahatiman3
 参道。

mikoharahatiman4
 拝殿。

mikoharahatiman2
 神子原。
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

末吉日吉神社 (志賀町末吉)

カテゴリ:志賀町 [2009年10月27日 19時00分]
1 情報
sueyosihiyosi1
No.452
名称末吉日吉神社
場所羽咋郡志賀町末吉ハ30甲
祭神大山咋命・大己貴命・菊理媛神
創立年長暦4年(1040年頃)
社格式内社(百沼比古神社)論社、饌幣帛料供進神社(M39)
境内社
文化財等
規模中規模
例祭 
紋章sueyosihiyosimon銅馬に
参拝月2009.10
参考文献石川県神社庁HP内 末吉日吉神社

cf.→百沼比古神

2 雑感

 『式内社調査報告』によると、かつて式内百沼比古神社を称したことがあるが根拠はないという。志賀市街地近くにあって山を背にして田に望む。拝殿の装飾はかなり優れており、裏手の社叢も優れている。

sueyosihiyosi2
 拝殿。

sueyosihiyosi3
 優れた装飾。

sueyosihiyosi6
 目前の田。
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

猫ノ目白山神社 (羽咋市柳田町)

カテゴリ:羽咋市 [2009年10月26日 19時00分]
1 情報
nekonomehakusan1
No.451
名称猫ノ目白山神社
場所羽咋市柳田町
祭神菊理媛命?
創立年 
社格 
境内社1社
文化財等
規模ごく小規模
例祭 
紋章nekonomemon境内社に
参拝月2009.10
参考文献一期一会blog内 猫の目 由来


2 雑感

 神社庁HPに載っていない神社。載っていないのは合祀後も社殿が取り壊されていない神社が多い。仕方が無いのでネットで検索したら、羽咋市史で当社を調べているブログ記事を発見したので、そこを参考にする。本当は原典に当たるべきだが、いちいち図書館に行くのも面倒だしモチベーションが保てないので仕方無い。それによると、当社はもともと近くの楊田神社のお旅所(神輿の一事休憩所)だった。それが神社になったものという。名前が変わっていて多少面白い。

nekonomehakusan2
 社号標。

nekonomehakusan3
 拝殿額。

nekonomehakusan4
 裏手の景色。
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

火結神社 (志賀町宿女)

カテゴリ:志賀町 [2009年10月26日 19時00分]
1 情報
yadomehomusubi1
No.450
名称火結(ほむすび)神社
場所羽咋郡志賀町宿女38
祭神加具土神
創立年不詳
社格式内社(椎葉円比神社)論社、村社(M1)
境内社如来堂
文化財等
規模小規模
例祭 
紋章kiri monsyou拝殿に
参拝月2009.10
参考文献石川県神社庁HP内 火結神社
『能登志徴 上編』128頁 森田平次・著/昭和13年 石川県図書館教会・発行
『能登名跡志』7頁 太田頼資・著/安永6年 日置謙・校訂/昭和6年 石川県図書館教会・発行


2 雑感

 『能登名跡志』には「宿女村の宮に御一宿有し也。依て宿女の名あり。此宿女の御神体は椎葉円比(シヒハマル)ノ神社と号して、石動山天漢石三つの一にて、山御同体の御神にて、御神体は石也。」とある。しかし『能登志徴 上編』には「宿女村の社とするも非なり。」とある。『式内社調査報告』では論社として取り上げられていない。一応取り上げた。境内には当地出身の健康食品会社社長が寄進した如来堂がある。
cf.→ 椎葉円比神

yadomehomusubi2
 拝殿。

yadomehomusubi3
 如来堂。

yadomehomusubi4
 如来堂内部。

yadomehomusubi5
 周辺。
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

餘喜比古神社 (羽咋市大町)

カテゴリ:羽咋市 [2009年10月26日 19時00分]
1 情報
yokihiko1
No.449
名称餘喜比古神社
場所羽咋市大町ヌ23
祭神素戔嗚尊
創立年不詳
社格式内社(餘喜比古神社)、惣社(餘喜郷)
境内社 
文化財等
規模 
例祭 
紋章 
参拝月2009.10
参考文献石川県神社庁HP内 餘喜比古神社
『式内社調査報告』 式内社研究会・編/昭和60年 皇學館大學出版部・発行


2 雑感

 所在がよくわからない神社。昭和60年に発行された『式内社調査報告』には、御門主比古神社 (羽咋市大町)の東南60メートルに社殿があると書いてある。しかし、現在社殿を探してみても見つからない。神社御池跡地の石碑だけが見つかった。また、近くに、平成7年に区画整理をしたという石碑が立っていた。もしかすると区画整理で社殿を取り壊したのかも知れない。

yokihiko2
 御池跡。

yokihiko3
 周辺を探すが社殿は見つからず。

yokihiko4
 区画整理記念碑。谷元知事揮毫。
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

八千鉾神社 (志賀町町)

カテゴリ:志賀町 [2009年10月26日 19時00分]
1 情報
matiyatihoko1
No.448
名称八千鉾神社
場所羽咋郡志賀町町28-3乙
祭神志那都比古神・志那都比米神・大穴牟遅命
創立年不詳
社格式内社(大穴持像石神社)論社
境内社
文化財等
規模小規模
例祭 
紋章現地で確認できず
参拝月2009.10
参考文献石川県神社庁HP内 八千鉾神社


2 雑感

 志賀の市街地近く、海辺にある神社。近くには加賀藩十村を務めた平家(たいらけ)がある。かつて大穴持像石神社と称し、式内論社であった。八千鉾とはオオナムチの別名のひとつ。

matiyatihoko2
 台形めいた拝殿。

matiyatihoko3
 境内。

matiyatihoko4
 目前は坂。
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

伊弉冊神社 (穴水町樟谷)

カテゴリ:穴水町 [2009年10月26日 19時00分]
1 情報
kunugitaniizanami1
No.447
名称伊弉冊神社
場所鳳珠郡穴水町樟谷(くぬぎたに)ヘ字4
祭神伊弉冊命
創立年不詳
社格村社
境内社
文化財等
規模小規模
例祭 
紋章現地で確認できず
参拝月2009.10
参考文献石川県神社庁HP内 伊弉冊神社


2 雑感

 穴水町と能登町の境あたりにある小さな神社。民家の前にあって境内にはシダ植物が茂っている。

kunugitaniizanami2
 参道。

kunugitaniizanami3
 拝殿。

kunugitaniizanami4
 目前。
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

祭神について書くとき

カテゴリ:祭神 [2009年10月24日 21時00分]
 全くコメントが付かなかったので、一旦「能登独自の祭神」カテゴリを中断する。コメントが付かないということもあるが、県立図書館から借りた本を使って書いており、返却期限が来たので一旦返却することにした。そうするとしばらく祭神について書けない、という理由もある。次回のために、今回借りた本の目録を作っておく。

※ 『能登志徴』
 明治の郷土史家・森田柿園が書いた能登の歴史。地域ごとに分けて書く方法がとられている。

※ 『能登名跡志』
 江戸時代の太田頼資が書いた能登の旅行記。安永6年というから1777年のこと。

※ 『続能登路の旅』
 江戸時代の紀行文をいくつか収録。その中で、「能登の海」という紀行文が参考になる。

※ 『神道大系 神社編 若狭・越前・加賀・能登国』
 森田柿園が書いた県内神社の調査、神社の由来書き、江戸時代の式内社考察「式内等旧社記」を収録。

※ 『加越能寺社由来』下巻
 神社の由来書きを収録。

※ 『式内社調査報告』
 昭和60年ごろ、学者が式内社を調査した結果。非常に参考になる。

 あと、日置謙が書いた『石川県鹿島郡誌』、『石川県羽咋郡誌』、『石川県鳳至郡誌』、『石川県珠洲郡誌』もかなり参考になる。式内社調査報告にも書いてないような論社が書いてあったり、神社の由来書きが収録してある。ただし、県立図書館では『鹿島郡誌』が貸し出し禁止で不便だ。また、各市町村史にも神社の詳細な考察が載っていて便利。
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

参考になる石川県のブログ・ホームページ

カテゴリ:サイト運営 [2009年10月23日 19時50分]
※ 能登のうみやまブシ
 能登の歴史・民俗・寺社などについてのブログ。珍しい神社発見の参考になる。相互リンクを申し込もうかと思ったが、リンク欄が見当たらず断念した。

※ 畝源三郎のホームページ
 能登の歴史についてのまとめ、書籍のネット上でのデータベース化など。内容は非常に大量であるが、ページの構造が入り組んでおり、若干見難い。

※ 能登スタイル
 能登半島の情報を発信する組織が運営するサイト。登録ブログに申し込んだ。
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

白山神社 (珠洲市真浦町)

カテゴリ:珠洲市 [2009年10月23日 19時00分]
1 情報
maurahakusan1
No.446
名称白山神社
場所珠洲市真浦町ル21
祭神伊弉冊命
創立年不詳
社格神饌幣帛料供進神社(S18)
境内社
文化財等 
規模小規模
例祭 
参拝月2009.9
紋章現地で確認できず
参考文献石川県神社庁HP内 白山神社


2 雑感

おすすめ度☆
 曽々木海岸に近い。山と海とに挟まれた狭い集落の高台に建つ。境内から見下ろすとわりと景色はよい。ここは珠洲市の北西端で、町野町に近い。

maurahakusan2
 景色。

maurahakusan3
 境内から。

maurahakusan4
 真浦港。
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

南志見住吉神社 (輪島市里町)

カテゴリ:輪島市 [2009年10月23日 19時00分]
1 情報
najimisumiyosikai1
No.155
名称南志見住吉神社
場所輪島市里町
祭神表筒男命・中筒男命・底筒男命・応神天皇・神功皇后・大山喰神・素盞嗚命
創立年不詳
社格式内社(辺津比神社)論社、惣社、村社、神饌幣帛料供進神社(M39)
境内社
文化財等輪島市指定天然記念物 南志見住吉神社の松
規模中規模
例祭7月30日
参拝月2008.12
2009.9
紋章tomoe monsyou拝殿屋根に
参考文献石川県鳳至郡誌』p945日置謙著/石川県鳳至郡誌復刊委員会発行 S48
境内の立て札 著者は輪島市 設置年月は記載なし
『石川県神社誌』p373 石川県神社庁編集・発行S51

2009.10 写真差し替え

2 雑感

おすすめ度☆
 南志見にある神社。松が天然記念物(←輪島市のHPにリンク)。松が立派でした。

2009.10追記
 『輪島のみやしろ』によると、当社こそが式内辺津比神社という説がある。確かに海に近くて、辺津という感じはする。

najimisumiyosikai2
 鳥居と松。

najimisumiyosikai3
 口が赤い狛犬。

najimisumiyosikai4
 拝殿。
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

伊勢神社 (輪島市西脇町)

カテゴリ:輪島市 [2009年10月23日 19時00分]
1 情報
nisiwakiise1
No.152
名称伊勢神社
場所輪島市西脇町
祭神天照皇大神・少彦名命
創立年不詳
社格村社(S16)
境内社
文化財等輪島市指定天然記念物 ツバキ群生地
伊勢神社のコブシ
規模小規模
例祭 
紋章yuukikaihen monsyou土蔵に
参拝月2008.12
2009.9
参考文献石川県鳳至郡誌』p890日置謙著/石川県鳳至郡誌復刊委員会発行 S48
『石川県神社誌』p377石川県神社庁編集・発行S51
境内の立て札


2 雑感
 三井から輪島に抜ける道の左手にある、小規模な神社。ツバキが名物らしいが、雪が降っていたためよくわかりませんでした。かつてここらは河原田村と言ったそうです。

2009.10追記
 二回目に行ったらツバキはわかった。しかし花は咲いていなかった。また、天然記念物のコブシがあるそうだが、どこにあるかわからなかった。近くをまわってみたが、それでも見つからなかった。

nisiwakiisekai2
 目前の道。

nisiwakiisekai4
 道から見た。

nisiwakiisekai5
 ツバキ群生地。
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

能登独自の祭神一覧

カテゴリ:祭神 [2009年10月22日 19時00分]
==珠洲郡==
No.式内社名称関連する祭神名
1須須神社 
2古麻志比古神社 
3加志波良比古神社 


==能登郡==
No.式内社名称関連する祭神名
1能登比神社 
2藤原比古神社 
3菅忍比神社 
4加夫刀比古神社 
5天日陰比神社天日陰比神
6鳥屋比古神社鳥屋比古神
7荒石比古神社 
8久氐比古神社
9能登生国玉比古神社 
10白比古神社白比古神
11伊須流岐比古神社 
12餘喜比古神社 
13阿良加志比古神社 
14伊夜比神社 
15御門主比古神社 
16宿那彦神像石神社


==羽咋郡==
No.式内社名称関連する祭神名
1相見神社 
2志乎神社 
3気多神社
4神代神社 
5羽咋神社 
6瀬戸比古神社瀬戸比古神 (附 黒川明神、素都乃奈美留命)
7手速比神社 
8椎葉円比神社椎葉円比神
9奈豆美比神社奈豆美比神
10諸岡比古神社 
11百沼比古神社百沼比古神
12久麻加夫都阿良加志比古神社 
13藤津比古神社藤津比古神
14大穴持像石神社
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

奈古司神社 (穴水町岩車)

カテゴリ:穴水町 [2009年10月22日 19時00分]
1 情報
nakosi1
No.445
名称奈古司神社
場所鳳珠郡穴水町岩車チ6
祭神美麻奈比神・大山咋神・住吉大神
創立年不詳
社格式内社(美麻奈比神社)論社、神饌幣帛料供進神社(S7)
境内社
文化財等
規模中規模
例祭 
紋章kiri monsyou社号標にjuugiku monsyou狛犬台座に
参拝月2009.10
参考文献石川県神社庁HP内 奈古司神社
『式内社調査報告 第十六巻 加賀能登国』式内社研究会著・皇學館大學出版部発行S60


2 雑感

 海に臨む集落にあって、かつては美麻奈比神社と称していたので式内論社らしい。奈古司とはどういう意味なのだろうか。拝殿はかなり立派で、境内の雰囲気もわりとよい。

nakosi2
 鳥居。

nakosi3
 参道。

nakosi4
 拝殿。
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

新宮赤蔵社 (宝達志水町新宮)

カテゴリ:宝達志水町 [2009年10月22日 19時00分]
1 情報
singuuakakura1
No.444
名称新宮赤蔵社
場所羽咋郡宝達志水町新宮ホ1
祭神素戔嗚尊
創立年不詳だが天正年間の初期ごろか
社格 
境内社
文化財等
規模小規模
例祭 
紋章juurokugiku monsyou拝殿屋根に
参拝月2009.10
参考文献石川県神社庁HP内 新宮赤蔵社
境内の石版「新宮赤蔵社遷座記念碑」新宮赤蔵社建設委員会H13


2 雑感

 当社は廃れた霊場の名残である。もともと、ここからもう少し山を登った原村の坊屋敷というところに、赤蔵山という名前の神社・寺院群があった。そこはつまり宝達山の中腹である。田鶴浜にも赤倉山という名前の霊場があるが、そことここは別物である。その赤蔵山は、前田利家が能登に侵攻した際に焼かれて廃絶してしまった。現在では、赤蔵山の神を移しておいたこの新宮赤蔵社のみが残っている。

参考リンク→畝源三郎のホームページ内 原御前の歴史

singuuakakura2
 平成13年に新築されたようだ。

singuuakakura3
 拝殿額。

singuuakakura4
 手水場。

singuuakakura5
 目前の公民館。
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

八幡神社 (宝達志水町大海川尻)

カテゴリ:宝達志水町 [2009年10月22日 19時00分]
1 情報
oomikawasirihatiman1
No.443
名称八幡神社
場所羽咋郡宝達志水町大海川尻ニ99
祭神応神天皇
創立年不詳
社格村社(M1)
境内社
文化財等
規模中規模
例祭 
紋章現地で確認できず
参拝月2009.10
参考文献石川県神社庁HP内 八幡神社


2 雑感

 地図で見ると、名称は大海川尻八幡神社で、この神社の境内のみ独立した在所「大海川尻」になっている。何か理由があるのだろうか。神社庁HPによれば「当地は大海川湊という良港で、その守護神」という。平野の只中にあって、糸杉の玉垣によって外部と仕切られている。横には大海川がある。この川は昔は、加賀と能登との境界線だった。

oomikawasirihatiman2
 境内。

oomikawasirihatiman3
 景色。

oomikawasirihatiman4
 大海川。
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

額神社 (かほく市高松)

カテゴリ:かほく市 [2009年10月22日 19時00分]
1 情報
takamatunuka1
No.442
名称額(ぬか)神社
場所かほく市高松コ6
祭神野蛟神・伊弉諾尊・事代主神・桜井三郎左衛門命 
創立年不詳 嘉永3年現地に移転
社格式内社(野蚊神社)論社、村社(S18)
境内社1社
文化財等 
規模中規模
例祭 
紋章takamatunukamon銅馬に
参拝月2009.9
参考文献石川県神社庁HP内 額神社 
境内の石版「額神社由来略記」金津彰泰S54
『式内社調査報告 第十六巻 加賀能登国』202頁式内社研究会著・皇學館大學出版部発行S60


2 雑感

おすすめ度☆+
 『式内社調査報告』に、額(ぬか)の音が野蚊(のか)に通じるところから、式内野蚊神社ではないかとの記述がある。しかし、その証拠は残っておらず、極めて疑わしいという。また、祭神は野蛟神だから、もしかすると式内野蛟(のづち)神社の論社なのかもしれない。野蚊と野蛟の関係がよくわからない。どちらかが誤植であるという説もある。

 かつてここらへんで大火事があったので、火事を防ぐため鎮火祭が行われている。赤飯を氏子にくばるらしい。また、末森城の合戦で前田利家に味方した桜井三郎左衛門を神として祀っている。実在が確かな、地方の人物を祀るというのは珍しい。他に前田利家、前田綱紀、長谷部信連くらいしか見たことがない。拝殿建築が立派で、装飾が細かい。また、境内はかなり広く雰囲気はよい。目前は高松町の商店街だが寂れている。

takamatunuka2
 境内。

takamatunuka3
 拝殿。

takamatunuka4
 目前の商店街。
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

野蚊神社 (金沢市滝下町)

カテゴリ:金沢市 [2009年10月21日 19時00分]
1 情報
takisitanoka1
No.441
名称野蚊神社
場所金沢市滝下町
祭神草野媛命・田高戸命?
創立年 
社格式内社(野蚊神社)論社
境内社
文化財等
規模ごく小規模
例祭 
紋章現地で確認できず
参拝月2009.10
参考文献『式内社調査報告 第十六巻 加賀能登国』202頁式内社研究会著・皇學館大學出版部発行S60


2 雑感

 式内野蚊神社の論社というが、延喜式の頃には村落があるかどうかわからない山奥なので、疑わしい、と『式内社調査報告』にある。石川県神社庁HPにも載っていないが、これは戦前に合祀されたからだろう。「明治四十三年に花園村南千石の村社護国神社へ合併された」とある。

 ごく小さい神社で、中を覗き込むと「田高戸神」と書かれていた。

takisitanoka2
 社殿。

takisitanoka3
 装飾。

takisitanoka4
 すごい山奥。

takisitanoka5
 遠景。
コメント (2) /  トラックバック (0)
編集

野蚊神社 (金沢市上平町)

カテゴリ:金沢市 [2009年10月21日 19時00分]
1 情報
kamihiranoka1
No.440
名称野蚊神社
場所金沢市上平町
祭神草野媛命
創立年 
社格式内社(野蚊神社)論社
境内社
文化財等
規模小規模
例祭 
紋章現地で確認できず
参拝月2009.10
参考文献『式内社調査報告 第十六巻 加賀能登国』202頁式内社研究会著・皇學館大學出版部発行S60


2 雑感

 式内野蚊神社の論社というが、延喜式の頃には村落があるかどうかわからない山奥なので、疑わしい、と『式内社調査報告』にある。石川県神社庁HPにも載っていないが、これは戦前に合祀されたからだろう。「明治四十三年に花園村南千石の村社護国神社へ合併された」とある。明細地図で見ると、ここは琴町ではなく上平町。

kamihiranoka2
 参道。

kamihiranoka3
 石。

kamihiranoka4
 目前は坂道。

kamihiranoka5
 記念碑。
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

勧請型神社の名称と祭神いろいろ

カテゴリ:普遍的なこと [2009年10月20日 19時01分]
 最近少しだけ祭神に興味が出たので、新書と文庫本を併せて3冊くらい読んだ。以下まとめ。記憶を頼りに書いてるので多少間違いがあるかも知れない。

1 八幡神社

 八幡神を祀り、総本社は大分の宇佐八幡神社。神徳は武運など。源氏の台頭とともに、八幡神=応神天皇とされた。応神天皇の母親、神功皇后を併せて祀ることがある。

2 神明社

 天照大神を祀り、総本社は伊勢神宮内宮。天照大神は全ての神の上に立つ神とされ、日本人は氏神(住んでいる地域の神社の神)と天照大神との、2つの神の加護を受けているという理屈になっている。

3 白山神社

 菊理媛命を祀り、総本社は白山比神社。神徳は縁結びなど。ヨモツヒラサカでイザナギとイザナミの間を取り持った交渉の神といわれる。もとは白山比神という地方神であったという説もある。

4 日吉神社

 大山咋神を祀り、総本社は近江坂本(滋賀県)の日吉大社。比叡山延暦寺結の守り神として全国に進出した。山の神で、神徳は農業繁栄など。もとは丹波の地方神で、渡来系の秦氏が信奉した。比叡山からは山王神道が起こる。

5 諏訪神社

 建御名方神を祀り、総本社は長野の諏訪神社。もとは狩猟の神で、神徳は武運など。大国主命の子で、武甕槌神に負けた。

6 鹿島神社

 武甕槌神を祀り、総本社は茨城の鹿島神社。大国主命に国譲りを迫ったとされる。神徳は武運など。

7 春日神社

 天児屋根命を祀り、総本社は奈良の春日大社。天児屋根命は祝詞の神で、天照大神が岩戸に隠れたとき、その前で立派な祝詞(太祝詞)を読んだ。学業などに神徳がある。中臣氏の先祖神。

8 菅原神社(天神社)

 菅原道真(天神)を祀り、総本社は福岡の大宰府天満宮。学業の神。左遷されて死んだ菅原道真を神として祀った、御霊信仰の一種。

9 八坂神社

 スサノオノミコトを祀り、総本社は京都の八坂神社。神徳は病除けなど。神仏習合時代は、スサノオを牛頭天王であるとしていた。これは『備後国風土記』に見える蘇民将来の話によるもの。茅の輪くぐりもここから来る。

10 稲荷神社

 ウカノミタマノミコトを祀り、京都の伏見稲荷神社が総本社。農業・商売の神で、狐が神の使い。


 神社には勧請型神社と産土神型神社がある。勧請型は、総本社から分霊して創設した神社。たとえば近所に八幡神社があれば、それは大分の宇佐八幡宮から分霊されて創設されたものである。弥生時代には、地方に根付いた一族が、その祖先神を祀っていた。それが産土神型神社。年代が下るにつれて、荘園領主が自分の信奉する神を勧請したり、地方に勢力を張った武士が自らの信奉する神を勧請したりした。そういう形で産土神型神社は消滅するか、または神の名前を全国的に有名なものに改められていった。
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

稲荷神社 (輪島市門前町入山)

カテゴリ:輪島市 [2009年10月20日 19時00分]
1 情報
monzeniriyamainari1
No.439
名称稲荷神社
場所輪島市門前町入山8-42
祭神大宮比売命・倉稲魂命・猿田彦命
創立年不詳
社格村社(M6)
境内社
文化財等
規模ごく小規模
例祭 
紋章現地で確認できず
参拝月2009.8
参考文献石川県神社庁HP内 稲荷神社


2 雑感

 ツルギヂから少し山へ入ったところの坂道にある小さな神社。

monzeniriyamainari2
 拝殿。

monzeniriyamainari3
 目前の坂。

monzeniriyamainari4
 自警団。
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

大藏神社 (輪島市門前町池田)

カテゴリ:輪島市 [2009年10月20日 19時00分]
1 情報
agisiookura1
No.438
名称大藏神社
場所輪島市門前町池田14-6
祭神菊理媛命
創立年不詳
社格惣社(阿岸(あにし)一郷十六ヶ村)、神饌幣帛料供進神社(S18)
境内社
文化財等
規模小規模
例祭 
紋章現地で確認できず
参拝月2009.8
参考文献石川県神社庁HP内 大藏神社


2 雑感

 阿岸本誓寺の近くにある神社。普通の神社だが、目前の景色はわりとよい。

agisiookura2
 拝殿。

agisiookura3
 虹梁。花の模様がよくできていて珍しい。

agisiookura14
 海老天じみた木。

agisiookura5
 狛犬。
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

加夫刀比古神社 (鳳珠郡穴水町甲)

カテゴリ:穴水町 [2009年10月20日 19時00分]
1 情報
kabutohikonooyama
No.147
名称加夫刀比古神社
場所鳳珠郡穴水町甲
祭神大穴持命・少彦名命・倉稲魂命 他3柱
創立年 
社格式内社(加夫刀比古神社)、郷社、神饌幣帛料供進神社(M39)
境内社
文化財等 
規模大規模
例祭 
紋章確認忘れ
参拝月2008.12
2009.10
参考文献『石川県鳳至郡誌』1230頁 石川県鳳至郡誌復刊委員会発行 S48

2009.10 写真差し替え

2 雑感

おすすめ度☆☆
 式内加夫刀比古神社に相当する古社。七尾湾に突き出た岬の山上に位置する。参道は非常に長い坂道。これほど長い坂道を持つ神社はそうそう無い。しかし、参道周囲の木々はそれほど大きくなく、普通の雑木林のような感じ。かつて伐採したのだろうか。上杉謙信が能登に攻めてきたとき、社宝を焼かれたという。長い参道のせいで俗世との区切りをなされている神社。

kabutohikokai1
 入り口。

kabutohikokai2
 参道は長い。

kabutohikokai3
 社殿に到着。
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

諸橋稲荷神社 (穴水町諸橋)

カテゴリ:穴水町 [2009年10月20日 19時00分]
1 情報
morohasiinarikai1
No.21
名称諸橋稲荷神社
場所鳳珠郡穴水町諸橋
祭神神目伊豆岐比古神・稲荷大明神・大山咋命
創立年 
社格式内社(神目伊豆伎比古神社)、惣社、郷社(T14)
境内社 
文化財等 
規模中規模
例祭4月16日
紋章現地で確認できず
参拝月2008.10
2009.8
参考文献『石川県神社誌』 石川県神社庁編集・発行S51

2009.10 写真差し替え

2 雑感

 車の行き違いすら不可能な海辺の細い道をひたすらすすむと、目前に忽然と現れる神社。地味だがかなりの神威はある。

(2008.12.18追記)
 式内社の神目伊豆伎比古神社ともいわれる。しかし、神目神社もそう言われているぞ。どっちだろう。

(2009.10.20追記)
 かつて六郷大社と呼ばれ、鳳至郡東半分の六郷の神社の上に立つ神社だった。しかし今ではその面影は感じられず、多少大きな神社としか見えない。この神社ひとつのみを受け持つ神職がいると聞いた。

morohasiinarikai2
 稲荷鳥居と両部鳥居。両部鳥居は仏教色の強い神社にある。

morohasiinarikai3
 拝殿。

morohasiinarikai4
 目前は川で、すぐ海につながる。諸橋港。
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

箱宮神社 (加賀市箱宮町)

カテゴリ:加賀市 [2009年10月20日 19時00分]
1 情報
hakomiyajinja1
No.437
名称箱宮神社
場所加賀市箱宮町ム23
祭神天照皇大神・応神天皇
創立年不詳
社格神饌幣帛料供進神社(T3)
境内社1社
文化財等加賀市指定天然記念物・箱宮八幡神社のスダジイ
規模中規模
例祭 
紋章umebati mon
参拝月2009.10
参考文献石川県神社庁HP内  箱宮神社
境内の石版「箱宮神社の由来」著者の記載無しS56


2 雑感

おすすめ度☆
 加賀市指定天然記念物・箱宮八幡神社のスダジイがあるはずだが、境内に案内板が見当たらなかった。ネットで調べると、境内から南西に500メートル離れたところにあるということ。→HP人里の巨木たち内 箱宮八幡神社のスダジイ。もう一回写真を撮りに行くか、というと、多分行かない。面倒だから。それでなくても50社分以上も写真が貯まっているので、これ以上増やしても処理が追いつかない。

 境内にはやたらと奉納された石像がある。狛犬、馬、玉、他にもいろいろあった。加賀南部の有力な神社では、境内にたくさんの石像を奉納するようだ。このようなものは能登では見ない。ここらは小松との境あたり。

hakomiyajinja2
 二の鳥居。

hakomiyajinja3
 境内。

hakomiyajinja4
 拝殿。
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

神明宮 (金沢市野町)

カテゴリ:金沢市 [2009年10月20日 19時00分]
1 情報
kanazawasinmeiguukai1
No.39
名称神明宮
場所金沢市野町2丁目
祭神天照皇大神・豊受姫大神
創立年不詳だが延文2(1357)年現地に移転
社格県社(S14)
境内社1社存在
文化財等金沢市指定 〔保存樹〕 神明の大ケヤキ
規模中規模
例祭10月15日
紋章sugouisibe mon提灯に
参拝月2008.10
2009.10
参考文献『石川県神社誌』p36 石川県神社庁編集・発行S51
境内の立て札「神明宮」金沢市/設置年月記載無し

2009.10 写真差し替え

2 雑感

 金沢五社の一。交通量の多い道路のすぐ傍にある。ケヤキが立派。社務所でみやげ物を売っている。全国七神明、あるいは三神明の一社。中原中也は当社の境内で見た軽業をイメージして「サーカス」を書いたという。10月15、16、17日と5月は「あぶり餅神事」を開催している。砂糖生姜醤油味の餅を食べて、身体の災厄を逃れるという神事。

kanazawasinmeiguukai2
 保存樹の大ケヤキ。このケヤキは石川県で一番大きいそうです。確かにこんなに太いケヤキは見たことない。

kanazawasinmeiguukai3
 社殿。社務所ではたくさんみやげ物を売ってました。

kanazawasinmeiguukai4
 すぐ前は交通量の多い道路。この道を数百メートルすすめば、北陸一の歓楽街、片町に着く。
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

t

Author:t
男性。詳しくは自己紹介で。
mixiの所在
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 石川情報へ
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 福井情報へに参加中。

Powered by / © Copyright 石川県と福井県の神社 all rights reserved. / Template by IkemenHaizin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。