3 志賀町指定 〔天然記念物〕 高爪神社のタブノキ

カテゴリ:文化財 [2009年11月30日 21時04分]
takatumekai4
No.3
名称志賀町指定 〔天然記念物〕 高爪神社のタブノキ
場所高爪神社 (志賀町大福寺)

 神木にもいろいろ種類があって、たとえばスギ、イチョウ、ケヤキなどがみられるが、タブノキもある。だが、大きくなったタブノキは形がつぶれてしまって、あまり見た目が美しくない。ただ、古いものではあるので、それなりに見ておもむきはある。
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

2 珠洲市指定 〔天然記念物〕 徳保八幡神社社叢

カテゴリ:文化財 [2009年11月29日 21時01分]
tokuhohatiman1
No.2
名称珠洲市指定 〔天然記念物〕 徳保八幡神社社叢 S37.2.13
場所徳保八幡神社 (珠洲市高屋町)

 約350㎡のヤブツバキを主とした社叢で、花が咲くのは3月から5月にかけてとのこと。花が咲いていない時期に行ったが、それでも十分並みの社叢とは違う雰囲気だった。個人的に、建築物よりも社叢に興味があって、建物が立派な神社と社叢が良い神社とどちらを人に推奨するかといったら、社叢が立派なほうが良いが、それは人の手によってはどうにもできないもので、年月が経たないと形成されず、余計に価値があると思うため。

 大体、立派な建物には建築の腕を鼻に掛けたり、権勢を誇示する意図があって気に食わない。

tokuhohatiman5
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

白山神社 (小松市島田町)

カテゴリ:小松市 [2009年11月27日 19時00分]
1 情報
simadasirayama1
No.467
名称白山(しらやま)神社
場所小松市島田町庚33
祭神伊弉諾尊・伊弉冉尊・菊理媛命
創立年七、八百年昔の鎌倉時代初期
合祀八幡社、春日社(M31)
社格神饌幣帛料供進神社(T6)
境内社 
文化財等市指定 〔建造物〕 島田白山神社本殿 H5.11.3
規模小規模
例祭 
紋章umebati mon玉垣に
参拝月2009.10
参考文献石川県神社庁HP内 白山神社
現地の石版「白山神社の由緒」北野勝次S61


2 雑感

 小松の梯川の北、住宅街の中にある小さい神社。本殿が市指定文化財だが、保護するための建物に覆われていて見えない。わりと境内はこぎれい。この集落は梯川の氾濫の際に周囲が水没しても、小高くて島のように残ったことから島田といわれる。本殿はもともと小松城内にあったもので、一時葭島神社 (小松市大川町)に移築されていたが、明治21年当社を全面改築するときにそれをまた移築したという。

simadasirayama2
 2の鳥居。

simadasirayama3
 拝殿。

simadasirayama4
 本殿は見えず。
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

奥野八幡神社 (能美市寺井町)

カテゴリ:能美市 [2009年11月26日 19時00分]
1 情報
teraiokunohatiman1
No.466
名称奥野八幡神社
場所能美市寺井町リ15乙
祭神応神天皇・神功皇后・比大神・少彦名神・武甕槌命・比売大神・天児屋根命・経津主命・高良玉垂命
創立年南北朝時代(14世紀中ごろ)?
合祀少彦名命社、八幡社、春日社(M41)
社格惣社(北板津郷36ヶ村)、神饌幣帛料供進神社(M39)、寺井一ノ宮
境内社 
文化財等市指定 〔建造物〕 奥野八幡神社七重塔 S33.9.10
市指定 〔工芸品〕 色絵鳩に秋草図陶額 初代武腰善平作 S34.11.2
市指定 〔工芸品〕 色絵富士越竜図大平鉢  九谷庄三作 S34.11.2
※能美市HPにリンク
規模中規模
例祭 
紋章現地で確認できず
参拝月2009.10
参考文献石川県神社庁HP内 奥野八幡神社
現地の石版「奥野八幡神社由緒」著者、設置年月記載なし


2 雑感

 市指定建造物の七重塔がある。境内はわりと広く、奉納物も多くて社殿もかなり立派だが、社叢は普通。狛犬が4対もある。旧寺井町の中心部にあって、警察署の横。中世ここには寺井市が立って周囲の商いの中心地で、有力な商人がそれぞれの屋敷内に氏神を祀っていたという。ただし、当社はその風習と無関係で、南朝の結城氏家臣、佐次右衛門が14世紀中ごろ創始した。江戸時代には十村の牧野氏によって北板津郷36ヶ村の惣社とされた。

teraiokunohatiman2
 拝殿。

teraiokunohatiman3
 七重塔。豊臣秀吉の朝鮮出兵の際、前田家の家臣が朝鮮から持ち帰ったとも、加藤清正が持ち帰って前田家に送ったともいわれる。朝鮮の様式なのか?他に文化財の石塔といえば、白山神社 (輪島市中段町)八幡神社 (珠洲市宝立町南黒丸)がある。見てくださいね。

teraiokunohatiman4
 盤持石を並べて重さを書いてあるという変わった趣向。
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

日吉神社 (能美市福島町)

カテゴリ:能美市 [2009年11月25日 19時00分]
1 情報
nomihukusimahiyosi1
No.465
名称日吉神社
場所能美市福島町レ132
祭神大山咋神・応神天皇・神功皇后・比大神
創立年 
合祀日吉神社(M35)、八幡神社(M45)
社格 
境内社 
文化財等市指定 〔天然記念物〕 榎(ニレ科) S57.3.13
規模中規模
例祭 
参拝月2009.10
紋章nomihukusimahiyosimon銅馬の腹にnomihukusimahiyosimon2拝殿扉に
参考文献石川県神社庁HP内 日吉神社
現地の立て札「能美市指定文化財 天然記念物 榎」能美市教育委員会、設置年月記載なし


2 雑感

おすすめ度☆
 市指定天然記念物の榎がある神社で、寺井駅の近く。榎のほかにも、奉納物に変わったものがあって、わりと見るべきものがある。昭和のはじめまで、榎は2本あったそうだが、現在は1本になっている。

nomihukusimahiyosi2
 参道は長い。

nomihukusimahiyosi3
 途中で道路に分断されている。

nomihukusimahiyosi4
 天然記念物の榎。
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

ニュー ジョン

カテゴリ:神社以外の風景 [2009年11月24日 19時01分]
newjohn
 昔飼っていた猫Johnに腹部の斑点が似ているので、ニュー ジョン(New John)と名づけた。これからは古い方のJohnをキュー ジョン(旧 John)と呼ぶ。みなさんは猫を飼っていますか? 飼っている人はコメントをください。コメントがつかないので段々更新の意欲が低下してきた。
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

矢波弁天 (能登町矢波)

カテゴリ:能登町 [2009年11月24日 19時00分]
1 情報
yanamibenten1
No.464
名称矢波弁天
場所能登町矢波
祭神市杵島姫命?
創立年 
合祀 
社格 
境内社
文化財等 
規模小規模
例祭8月15日?
紋章現地で確認できず
参拝月2009.10
参考文献 


2 雑感

 能登町南部、矢波にある弁天島。同じ在所には日吉神社 (能登町矢波)がある。この弁天島は石川県神社庁HPに載っていない。防波堤に矢波弁天と書いてあるのに、同時に矢波諏訪祭8月15日とも書いてあった。弁天といったら市杵島姫命を祀っているのだろうに、どうして諏訪祭なのだろうか?

yanamibenten2
 防波堤と地続きの小島。

yanamibenten3
 鯨とふぐ。

yanamibenten4
 祠。
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

長島 (能登町藤波)

カテゴリ:能登町 [2009年11月24日 19時00分]
1 情報
hujinaminagasima1
No.463
名称長島
場所能登町藤波
祭神 
創立年 
合祀 
社格 
境内社
文化財等 
規模小規模
例祭 
紋章現地で確認できず
参拝月2009.10
参考文献 


2 雑感

 能登町南部の海辺にある祠。どういう由来があるのかよくわからない。よく釣りをしている人がいる。

hujinaminagasima2
 岩。

hujinaminagasima3
 公園。

hujinaminagasima54
 消波ブロック。
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

御山神社 (津幡町下河合)

カテゴリ:津幡町 [2009年11月24日 19時00分]
1 情報
kawaidanioyama1
No.462
名称御山(おやま)神社
場所河北郡津幡町字下河合ツ60
祭神伊邪那美命・宇迦之御魂命・伊波比主命・天照大神・応神天皇・誉田別命
創立年天正年間以前に三国山に鎮座、戦乱で焼失し奥村永福によって現地に移転
合祀明治40年に近隣6社(御山社、神明社、白山社、八幡社、伯耆社、稲荷社)
が合併して御山神社と改称
社格惣社(近隣5ヶ村)、村社
境内社
文化財等県指定 〔天然記念物〕 御山神社社叢 H2.3.22
規模中規模
例祭9月15日
参拝月2009.10
紋章juurokugiku monsyou鳥居に
参考文献石川県神社庁HP内 御山神社
現地の石版「御山神社御由緒」瀬戸博夫H6.9.10


2 雑感

おすすめ度☆
 県指定天然記念物の社叢が背後にある。人里から少し離れたところにあって、一人で行くと不気味な思いをする。行った日は曇りで風が強く、社叢が風で揺れて大きな音を立てていた。ここは津幡でも端にあたる河合谷という集落で、もともとは能登に属していたが、なぜか津幡に合併されている。ここから更に山を登ると三国山山頂に着くのだが、昔は三国山が加賀・能登・越中の境目だった。

 境内の石版によると、当社は江戸時代には近隣5ヶ村の惣社として、赤倉山権現の名で崇拝されていたという。どうして赤倉山権現と呼んだのだろうか。赤倉山といったら、同名の神社に赤倉神社 (七尾市三引町)新宮赤蔵社 (宝達志水町新宮)がある。昔は山の上にある神社には赤倉山権現という神様が共通して宿っていると考えられていたのだろうか?

 境内に猫がいたが、ここは人家から相当離れているので、どうやって食料を調達していたのか不思議だった。

kawaidanioyama2
 参道。

kawaidanioyama4
 拝殿。

kawaidanioyama5
 社叢。
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

甲斐崎神社 (津幡町大熊)

カテゴリ:津幡町 [2009年11月23日 21時03分]
1 情報
ookumakaizaki1
No.461
名称甲斐崎神社
場所河北郡津幡町大熊ト6
祭神健御名方命・八阪刀売命・誉田別尊・大禍津日命
創立年不詳
合祀諏訪神社(M36)
社格村社(M6)
境内社
文化財等県指定 〔天然記念物〕 甲斐崎神社社叢アカガシ林 H5.8.25
規模大規模
例祭 
紋章yuukikaihen monsyou拝殿屋根瓦に
参拝月2009.10
参考文献石川県神社庁HP内 甲斐崎神社
石川県HP内 文化財のページ


2 雑感

おすすめ度☆+
 津幡町の東部、三国山近くの山地にあって、社叢が県指定天然記念物。かなり細い道を通らないと行けず見つけにくい。社叢が深く人気のないところなので一人で行くと多少不気味な思いをする。ただし、さすがに社叢の規模は優れていると思う。

ookumakaizaki2
 参道入り口。

ookumakaizaki3
 参道中ほど。

ookumakaizaki4
 拝殿。
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

1 珠洲市指定 〔天然記念物〕 新宮神社のスギ

カテゴリ:文化財 [2009年11月05日 20時51分]
wakayamasinguu3 
No.1
名称珠洲市指定 〔天然記念物〕 新宮神社のスギ
場所新宮神社 (珠洲市若山町大坊)

 文化財には国指定、県指定、市町村指定の3段階があるが、そのいずれをも記事にしていく。式内論社をまわるよりは文化財を所有する神社をまわった方が面白みがある。この新宮神社のスギは、枝が根のようでかなり変わっている。ただ大きいだけのスギならたくさんあるが、こういう形をしているのは珍しい。

wakayamasinguu4
 上部。
コメント (2) /  トラックバック (0)
編集

粟生少彦名神社 (能美市粟生町)

カテゴリ:能美市 [2009年11月05日 19時00分]
1 情報
nomiaosukunahikona1
No.460
名称粟生少彦名神社
場所能美市粟生町ト187
祭神少彦名神(薬師如来と同体)
創立年不詳だが藩政時代以前
合祀 
社格村社(M14)、神饌幣帛料供進神社(T4)
境内社 
文化財等市指定 〔工芸品〕 少彦名神社本殿
規模中規模
例祭 
紋章umebati mon境内の石版に
参拝月2009.10
参考文献石川県神社庁HP内 粟生少彦名神社
境内の石版「粟生少彦名神社由緒」井口哲郎/S59.8


2 雑感

 旧寺井町にあって、本殿が市指定文化財だが外から見えない。火災によって記録焼失のため、由来不詳。手取川の近くで、かつて治水によって良い粟が得られるようになったから粟生(あお)という地名がついた。藩政期には、参勤交代の途中に藩主が当社に立ち寄り、治水を祈願した。また、昔は薬師宮と呼ばれ、少彦名神は医薬の神として薬師如来と同体とされた。変な狛犬が2対ある。

nomiaosukunahikona2
 拝殿。

nomiaosukunahikona3
 本殿は見えない。

nomiaosukunahikona4
 色白。

nomiaosukunahikona5
 出っ歯。
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

宿神社 (珠洲市宝立町春日野)

カテゴリ:珠洲市 [2009年11月04日 22時20分]
1 情報
yado1
No.459
名称宿(やど)神社
場所珠洲市宝立町春日野15-72
祭神気長足姫命・少彦名命・国之水分神
創立年保元年中(1156~1158年)
合祀椎神社(M10)
社格村社(M5)
境内社
文化財等 
規模中規模
例祭 
紋章yadomon拝殿に
参拝月2009.7
参考文献石川県神社庁HP内 宿神社


2 雑感

 宝達町市街地近くにある神社。名前が変わっているが地名だろうか。水の神を祀っているにも関わらず寛政年間に炎上したという。境内には高井の地蔵スギを挿し木した2世もあった。

yado2
 拝殿。

yado3
 境内はコケが生えている。

yado4
 ホッパー。
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

日吉神社 (穴水町中居南)

カテゴリ:穴水町 [2009年11月04日 19時00分]
1 情報
nakaihiyosikai1
No.140
名称日吉(ひえ)神社
場所鳳珠郡穴水町中居南
祭神大山咋命・田心比命・市杵島姫命・端津比命・天照大神・豊受大神
創立年不詳
社格村社
境内社
文化財等 
規模中規模
例祭9月16日
紋章tomoe monsyou拝殿屋根に
参拝月2008.12
2009.11
参考文献境内の掲示板「日吉神社」著者・設置年月日は記載なし

2009.11 写真差し替え

2 雑感

 岬になった穴水町中居南にある神社。上杉謙信の兵火によって資料焼亡のため、創立年不詳。近辺は「さとりの道」と名づけられており、道路に看板もありました。神杉伊豆牟比神社の傍にあり、歩いて5分とかかりません。鳥居からは湾が見えます。

2009.11
 江戸時代には日吉山王権現と呼ばれて、神仏習合の信仰形態だった。また、明治41年に近隣の奥津比神社(釜中神社)、神明社を合祀した。ここ中居はかつて鋳物の生産地として栄えていた。合祀された奥津比神社は奥津比神社 (輪島市舳倉島)と同じ祭神を祀るものだろうが、式内論社ではなかったようだ。また、鋳物師の守護神として崇敬されていたらしい。しかし、なぜ奥津比神社の祭神が鋳物の守護の神様なのだろうか?合祀された跡地にも行きたいが、明細地図を見ないと場所がわからない。

nakaihiyosikai2
 参道。

nakaihiyosikai3
 社殿。

nakaihiyosikai4
 鳥居前の海。
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

神杉伊豆牟比神社 (穴水町中居)

カテゴリ:穴水町 [2009年11月04日 19時00分]
1 情報
nakaikamisugikai1
No.141
名称神杉伊豆牟比(かみすぎいづむひめ)神社
場所鳳珠郡穴水町中居
祭神伊豆牟比神・大名持神・三穂津比神
創立年武内宿禰(84~367年)が開いたともいわれる
社格式内社(神杉伊豆牟比神社)論社、郷社(M5)
境内社2社
文化財等 
規模中規模
例祭9月16日
紋章juurokugiku monsyou拝殿に
参拝月2008.12
2009.11
参考文献『石川県神社誌』p422石川県神社庁編集・発行S51
境内の『碑文』神杉洋/S60

2009.11 写真差し替え

2 雑感

 武内宿禰(84~367年)が開いたともいわれる神社。式内神杉伊豆牟比神社の論社でもある。他の論社としては、大幡神杉伊豆牟比神社 (輪島市三井町本江)があります。岬の付け根に位置し、幹線道路からはわかりにくい位置。穴水町の観光プラン「さとりの道」(←穴水観光ガイドにリンク)の一環に組み込まれており、周囲には多数の寺院と日吉神社 (穴水町中居南)が存在。境内には保育所があり、遊具も見えました。社殿は安土桃山時代の建築とのこと。明治5年という比較的早い時期に、郷社に列格。

nakaikamisugi2
 社殿。

nakaikamisugi3
 境内。

nakaikamisugi4
 遊具。
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

今日の何か 9 【トローチ】

カテゴリ:何か [2009年11月03日 23時00分]
hanidatokuhasi5
No.9
場所徳橋神社 (小松市埴田町)
種別トローチ

 トローチに似ている。たといこの物体の真の名称が明らかになったとしても、自分はかたくなにトローチと呼び続け、他の名称に与するつもりはない。ただし、それを他人に強制はしない。
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

熊野神社 (中能登町井田)

カテゴリ:中能登町 [2009年11月03日 21時42分]
1 情報
idakumano1
No.458
名称熊野神社
場所鹿島郡中能登町井田86-34
祭神伊弉冊命・速玉男命・事解男命 など計5柱
創立年崇神天皇の御世、四道将軍の一人、大毘古命が勧請 (紀元前88年頃?)
社格 
境内社
文化財等 
規模中規模
例祭7月5日
紋章kiri monsyou社号標に
参拝月2009.10
参考文献石川県神社庁HP内 熊野神社
境内の石版「熊野神社御由緒書」著者、設置年月記載なし


2 雑感

おすすめ度☆+
 アルプラザ鹿島の近く、山を背にしたところにある。『能登名跡志』のどこかで、椎葉円比神社 (羽咋市柴垣町)と並んで雰囲気の良い神社として、鹿島の熊野神社が挙げられていたが、ここのことだろうか。または近くの不動滝を指していたのかも知れない。参道に大量の杉が植わっていて雰囲気は良いが、なぜかどの杉も若く、あまり太くない。せいぜい樹齢数十年にしか見えない。一度伐採したのだろうか。

 境内の石版によると、四道将軍の一人、大毘古命が創設したという。四道将軍とは、ヤマト政権が地方を征圧するために派遣した四人の皇族将軍のことで、大毘古命(大彦命)は北陸道を制圧したという。記紀の記述によれば、大毘古命が派遣されたのは崇神天皇10年(紀元前88年)だが、これが事実かどうか疑わしい。崇神天皇が実在するとしても、3、4世紀の人物である、という説もある。

idakumano2
 参道1。

idakumano3
 参道2。

idakumano4
 社殿が見えた。

idakumano5
 わりと立派な拝殿。
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

徳橋神社 (小松市埴田町)

カテゴリ:小松市 [2009年11月02日 22時49分]
1 情報
hanidatokuhasi1
No.457
名称徳橋神社
場所小松市埴田町ト3
祭神倉稲魂命・大田神・大宮女神・伊弉那岐神・伊弉那美神・菊理媛命
創立年不詳だが加賀の国府創設(823年)以前か
社格 
境内社 
文化財等市指定 〔天然記念物〕 徳橋神社の社叢
規模中規模
例祭 
紋章tokuhasimon手水場に
参拝月2009.10
参考文献石川県神社庁HP内 徳橋神社
境内の石版「徳橋神社由緒」北野勝次H5.9


2 雑感

おすすめ度☆+
 小松市東部にあって、社叢が市天然記念物で雰囲気がよい。当社は4社が合祀されてできた。まず当地に稲荷社があり、それに神明社を合祀して、明治40年には近隣の宇野神社・白山神社を合祀して徳橋神社と改称した。もともとここは加賀国府の近くで、国司の崇敬が篤かったという。すぐ近くには加賀国総社、石部神社 (小松市古府町)がある。また、ここはかつて屯倉(ヤマト政権の直轄地)だった。

 境内は社叢に覆われ、変な奉納物もあってみどころはある。ここから東に行ったところには後山古墳があるといい、古くから人が住んでいた土地のようだ。社叢を構成するのは主にシイ、ツバキ、モチの木とのこと。

hanidatokuhasi2
 鳥居は多い。

hanidatokuhasi3
 拝殿。

hanidatokuhasi4
 遠くから見た社叢。
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

youtubeに鳥居動画を投稿

カテゴリ:サイト運営 [2009年11月01日 21時00分]


 鳥居動画を作ってみました。コメントください。
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

高爪神社 (志賀町大福寺)

カテゴリ:志賀町 [2009年11月01日 19時47分]
1 情報
takatumekai1
No.179
名称高爪神社
場所羽咋郡志賀町大福寺
祭神日本武尊
創立年原始時代から崇拝され、持統・文武天皇の頃(690~707年)祈願所に定められる
社格県社(M35)
境内社
文化財等国指定 〔工芸品〕 高爪神社木板彩画縣仏
県指定 〔彫刻〕 高爪神社木造薬師如来坐像
町指定 〔天然記念物〕 高爪神社のタブノキ
〔古文書〕 福山家文書(高爪神社関係資料)
規模中規模
例祭4月18日
紋章takatumemon拝殿に
参拝月2009.1
2009.10
参考文献石川県神社誌』305頁 石川県神社庁編集・発行S51
近隣の立て札『高爪山・神社 由緒概略』著者、設置年月は記載なし

2009.11 写真差し替え

2 雑感

 かつての富来町北部にある神社。現在の志賀町北部でもある。門前との境のちょっと前くらい。古来より高爪山は霊峰として仰がれ、前田利家が十一面観音を安置してからは前田家との関係も深かったらしい。県社に列格されている。これまで回った印象からして、県社は前田家と関係の深い神社がよく列されている感じがする。山の上に高爪神社奥の宮もあるが、今回はそこまで行かなかった。いつか参ろうとは思う。

2009.11
 国指定重要文化財がある、珍しい神社。境内のお堂の中にしまわれているはずだが、外からは見えない。境内の雰囲気は普通で、車の止め場所に苦労する。2度目はついでに高爪神社奥宮 (志賀町大福寺)へ行った。

takatumekai2
 参道。

takatumekai3
 社殿。

takatumekai4
 神木のタブ。
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

t

Author:t
男性。詳しくは自己紹介で。
mixiの所在
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 石川情報へ
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 福井情報へに参加中。

Powered by / © Copyright 石川県と福井県の神社 all rights reserved. / Template by IkemenHaizin