高校の文集に寄せた文章

カテゴリ:身辺雑記 [2011年03月27日 23時00分]
 たいへんにひまなので昔の文章をアップロードします。高校の時、学校でつくる文集に書いたもの。この頃は世界史と日本史の暗記ばかりしていた。日本史と世界史に限って言えば、自分は高校で1,2を争う位置にいたが、その趣味が高じて文集に寄稿するにいたった。


趣味的歴史紹介 
                      
 この文の趣旨は趣味的な見地から歴史上の事物をご紹介することです。内容はそこらにある書籍に拠っています。ですからそれほど目新しいことが書いてあるわけでもありません。お暇でしたらご覧になってください。

一 王の横顔

 美男王とは何者でありましょうか。実は中世ヨーロッパ史に名だたる明君フィリップ四世の異名なのです。
 このように中世ヨーロッパの君主で英明愚昧に関わらず強烈な個性を持っている者は異名または通り名を持っています。たとえば禿頭王、肥満王、赤髭王などわかりやすいもの。また尊厳王、獅子心王などその厳かさ雄々しさを称揚せんとするもの。さらに欠地公子、邪悪王といった誹謗中傷の類までその命名法は多種多様。
 それにしてもわずか三、四文字の名が付くだけで片仮名と序数の羅列に過ぎなかった君主達が俄然個々の性質を帯びてくるではありませんか。例を挙げますに勇壮無比にして覇者たる矜持を持つ様子を彷彿とさせる獅子心王。その業績より身体的特徴の方が後世によく伝えられ、それがおかしみを誘う禿頭王。離間、篭絡何でもござれであっただろう邪悪王などなど。
 彼らの姿をより興味深い形で脳裏に留めておけるこれらの知識を蓄えるのも面白いと思うのですが。

▼閑話

 蛇足ながら名前の話をもう一つ。羽柴秀吉の名字の由来といえば織田家の重臣丹羽と柴田から一文字ずつもらい受けたのである、と。この説はよく巷間に流布しておりクイズ大会でも頻出問題。しかしながら由来に関しては今一つの説があるのです。羽柴は端場だ、家臣団の末席をけがさせていただきますという意味合いを持っているのだというのがその今一つでして。信憑性はともかくクイズ大会でこれを答えとして用いれば物議を醸すこと間違いなし。反骨漢を以て任ずる方には是非お試しいただきたい。

二 昭和の喧騒

 とかくあらゆる分野に人気と不人気、流行りすたりが見て取れますが史学とて例外ではありません。広く世の興味をひく部分とあまり取りざたされない部分があります。
 日本史を例にとって見ますと、策謀渦巻く戦国史や、若者が涼風の如く世を一過する明治維新などは非常な人気を集め、書店では関連する書籍が山と積まれています。この手のことが好きな方々の知識は精緻を極め、ここかしこでそれを披露される熱の入れよう。何とも活気があります。
 しかし、あまり取りざたされない部分も魅力が無い訳ではありません。ここではその内の一つ、昭和初期の歴史がいかに興味深いかをご紹介致しましょう。

 昭和初期は日本が軍国主義に傾倒していった暗い時代であったという記述はよく見受けられます。教科書で学ぶ内容も国家総動員法の制定や、思想、言論への弾圧、アジア諸国への侵略と抑圧など気の滅入るようなものばかりです。その為この時代の歴史は好まない方が多いでしょう。
 ですが、また違う面から見てみましょう。この時代は人物史華やかなりし頃。抑圧された世の中で輝く個性は穏やかな時代のそれとは格が違います。

 全くこの時代は、頭山満がアジアの志士たちをかくまうわ、出口王仁三郎が満州に乗り込むわ、女衒士村岡伊平治が東南アジアを飛び回るわ、甘粕正彦が関東州で暗躍するわ、大川周明が東条英機の頭を叩くわ、そうかと思えば安部定が猟奇事件を起こすわ、夢野久作がドグラマグラを上梓するわ、木村鷹太郎が奇説を唱えるわ、またあちらではバロンサツマが金をばら撒くわ、ついにはゾルゲがやって来るわで日本情勢も複雑怪奇で奇人変人怪人魔人が跳梁跋扈しているのです。

 このような見方はただ面白がるだけの無責任な態度ではありますが、常に歴史に肩肘を張って向かい合わねばならないものではないでしょう。

三 世界残酷物語

 さても地獄を何処ぞと問えば、娑婆と言うのがそこいらあたりじゃ、義理と人情に挟まれて、生きたながらのカスガイ地獄。
 と浪花節めいた出だしで始めましたが、何も義理と人情に挟まれずとも娑婆にいくらでも地獄は現出してきているのです。
 忌憚なしに語れましょうか、カンビュセス王の籤にまつわる故事を、エルブ―ルズに拠ったニザール派の内実を、黒死病が猖獗を極め鳥頭の医者が行き交うロンドンをば。
 こんなことを得々と述べるのはあまりいい趣味とはいえませんので、ここらで止しにしましょう。

※四 と 五 もあるが略す。読みたかったらコメントしてね。
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

連続講座 『日本書紀』を読む

カテゴリ:身辺雑記 [2011年03月25日 17時52分]
 近頃はかなり暇なのでどうやって時間をつぶすか考えている。明日は福井市立郷土歴史博物館に行って日本書紀の講座を聞いてくる。大体一月に1回のペースでやっているようだ。一月前も聞きに行った。その時の聴講者は高齢者ばかりだった。今回もきっと高齢者ばかりだと思う。

 あと、県立美術館で島田墨仙展にも行ってきた。タダ券が手に入ったから。2人まで入場可能だったので、誰かを誘おうかと思ったが、誘うあてがなくて一人で行った。感想としては正当な日本画というよりはマンガのような人物が描かれていた。特に彫りの深い顔立ちがマンガっぽかった。孔子像・釈迦像・基督像もあった。

 明日の1時から郷土歴史博物館へ行くので、一緒に行きたい人はついてきてください。

 詳細→http://www.history.museum.city.fukui.fukui.jp/tenji/index.html

 あと来週の土曜日には竹生島(琵琶湖に浮かぶ孤島)へ行って寺を見てくるので行きたい人はコメントで参加表明してください。自分はわりと気さくなほうです。

コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

示威行為が少ないと上品

カテゴリ:身辺雑記 [2011年03月24日 21時57分]
20110324

 最近上品さと下品さの違いがわかってきた。示威行為があると下品で、それがないと上品になる。示威行為というのはたとえば自分の優秀さを見せる行動。その程度のことはわかっているという類の発言や、自分の実力の高さを匂わせる発言がそれに当たる。

 自分は同年代の人間の示威行為が大変に気になるのでいつも見ている。そこを、人間だからその程度の自己顕示欲があって当たり前、と見ることができれば許容できるが、自分は自己顕示欲があるのは人間として駄目だと思う。

 貴族制度のよいところは、示威行動をしなくても相手が敬服するところ。血筋で高貴さが決まるので、自分の学歴や職歴・能力を示さなくても相手が恐れ入る。これによって、余計な示威なしに上下関係ができ、物事が丸く収まる。

 相手と身分上で圧倒的な差があるとき、余裕が生まれ、余計なひけらかしをせずとも相手より優位になるため、そこに上品さがある。

 現代の社会で採用されている能力主義の駄目なところは、能力を示さないと相手が恐れ入らないところ。能力を示すというのは大変に下品なことで、さらにその能力を獲得しようとする自己啓発系の言説は、秩序を脅かす不穏な考えになる。能力のめまぐるしい上下があっては安定した上下関係が構築できない。
コメント (2) /  トラックバック (0)
編集

変わったものが食べたい

カテゴリ:身辺雑記 [2011年03月23日 23時23分]
 いつも変ったものを食べようと思っている。なぜなら、ありきたりなものばかりを食べていてもつまらないから。人生は苦しみにひとしいが、その苦しみの中にあっていっときの楽しみといえば食べることをおいて他にない。
 昨日は鮒鮨を食べた。琵琶湖畔の道の駅で買ってきたもので、640円だった。よくにおいがひどいといわれるが、自分はそうは思わなかった。頭から骨ごと齧って食べた。ただし噛み切りにくかった。

 この前は焼き肉屋でコブクロを食べた。コブクロには味がなく、イカのような食感だった。ただ、食べているとごくたまに血のような濁った味がした。血のようなというのは曖昧な比喩で、実際には違うかもしれない。その前の日は居酒屋でドジョウの唐揚げを食べた。よくドジョウは泥臭いといわれるが、自分は何も感じなかった。まるごとのままの姿で揚げられていた。自分はにおいに対して鈍感なのか、あるいは許容範囲が広い可能性がある。

 2年半前に名古屋の大須でカエルの唐揚げを食べた。味は覚えていないが、まずくなかった。鶏のような味だったのではないだろうか。よく覚えていない。3年前にタニシを炒めて食べた。スーパーの鮮魚売り場に、中国産の殻無タニシがパック入りで売られていたのを買って、アパートでフライパンで炒め、醤油味をつけてたべた。すごく硬くておいしくなかった。タニシは煮て食うものだという。また、中国産なので有毒物質を含んでいたかもしれない。

 クジラの肉はスーパーで見かけると必ず買っていた。面倒な調理は嫌なので、いつもフライパンで塩コショウで焼いていた。クジラの肉は赤身ばかりで、ステーキにしてもおいしくない。クジラの皮は酢味噌和えにして食べるとそれなりにおいしい。

 羊の肉は好きで東京にいるときはよく買って食べていた。東京ではスーパーでラム肉を必ず売っていた。油がたくさんあって柔らかく、おいしい。単純に塩コショウで焼いて食べる。においが駄目だという人がいるが、自分は何とも思わない。ただし、確かに人の体臭のようなにおいはする。

 ピータンもよく食べていた。東京にいた時は中国雑貨店から買ってきて食べた。ピータンのまわりには泥がついている。それを取り除いて割って食べる。中華料理屋でも注文するが、高いから敬遠している。

 焼き肉屋に行った時、レバ刺しがあれば必ず頼んでいる。甘い味がする。エミューも食べた。

 あと、エイひれの煮つけもおいしいと思っている。

 また、変わった食べ物としてはアンチョビースタッフドオリーブの瓶詰がある。東京のスーパーで売っていたやつを買って食べた。最初食べたときは酷い味だと思った。しかし、数回食べているうちに、オリーブは濃厚な味がするという認識に変わり、次第においしいと思った。ザワークラウトの瓶詰も食べた。それほどおいしくはない。津幡町特産のマコモは味噌汁にして食べた。タケノコのような感触だった。ジュンサイの味噌汁はよく食べている。

 ツクシは小さい頃酢和えにして食べていた。もやしの食感に似ている。

 こうやって考えてみると、福井では変わった食べ物の入手が困難である。まず、スーパーでラム肉を売っていないのが駄目だ。また、瓶詰コーナーに行ってもザワークラウトもアンチョビースタッフドオリーブを置いていないのが駄目。ピータンもない。かわりにヘシコがあるが、これはそんなに大量に食べるべきものではない。
 とにかく変わったものが食べたい。今考えているものとしては、ルーミート(カンガルー肉)がある。修学旅行でオーストラリアに行ったときに食べた。すっぱかった思い出しかない。これを通販で買って、宴会に持って行って鍋に入れようと思う。

怪しいアジアの暗黒食生活 (ワニ文庫)怪しいアジアの暗黒食生活 (ワニ文庫)
(2003/01)
クーロン黒沢、明日香 翔 他

商品詳細を見る

 この本を再読した(初読は7年前)ので、食に対する情熱を思い出した。蛇の肝臓やサルの脳みそを食べる話などが出てくる。これと比べると小泉武夫の本は健全で面白みがない。
 このホームページも下手物食いの参考になる → 趣味友遊 メニューの部屋
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

地理学会中止 / さまざまな意匠

カテゴリ:身辺雑記 [2011年03月18日 22時59分]
kaninoisyou

 日本地理学会の春季学術大会(於 明治大学)が中止になった。
 日本地理学会HP→http://www.ajg.or.jp/ajg/2011/03/2011316.html
 行く予定だったのでホテルの予約をしていたが、今日キャンセルした。


 ところで、意匠(デザイン)は簡潔であるほど趣味がよいと思う。社殿装飾でも凝ったものより、簡素化された抽象的な模様のほうが良いと思っている。

kaninoisyou2
 優れた例として、越前町の電柱についているカニの意匠
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

三国港

カテゴリ:神社以外の風景 [2011年03月05日 23時48分]
mikuniminato1
 1

mikuniminato2
 2
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

長岡神社 (越前町宇須尾)

カテゴリ:越前町 [2011年03月04日 23時04分]
1 情報
usuonagaoka1
福井No.166
名称長岡神社
場所福井県越前町宇須尾
社格式内社論社(越前国・丹生郡・長岡〔ナカヲカノ〕神社)
文化財等
規模面積中規模
紋章現地で確認できず
参拝月2010.5
社叢分類Ac
参考文献式内社研究会『式内社調査報告 第十五巻 北陸道1』皇學館大學出版部S61、287頁


2 雑感

 八幡神社ともいう。なぜか参道にグラウンドがあって、社殿彫刻が変わっている。

usuonagaoka2
 グラウンド

usuonagaoka3
 2の鳥居

usuonagaoka4
 グラウンド
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

低橋名人

カテゴリ:身辺雑記 [2011年03月02日 21時59分]
 今日、京都の神社でぜひ行くべきところはどこなのか、と聞かれた。自分は京都の神社に行ったことがないので、とりあえず総本社と近代社格の高位社に行くようにといった。総本社としては伏見稲荷や八坂神社がある。行ってないのもよくないので、3月下旬に京都の有名どころを一通り見たい。



 あと、標題は高橋名人のもじりだが、このような意味の低いもじりを多用するのは発達障害の特徴だそうです。文化資本の相続という話があって、子供の学力は親の収入や文化程度に関係があると聞いた。ファミコンとそれにまつわる児童文化は、決して文化程度からいって高いとはいえないが、幼少時にその程度のものしか与えられていなかった子供が大量に全国に分布する以上、児童文化上無視できない。

 児童の実態を反映していない児童文学史を調べるよりも、テレビゲームや児童向けコミック誌の変遷をたどった方がよほど児童文化の実態を把握できる。でも自分はそんなことを調べる立場にないのでそのような調査はしません。もうなされている可能性も高い。

 この手の商業主義にまみれた程度の低い文化は、決して享受したことが幸せであったわけではない。ただし、自然至上主義に毒された、外で遊ぶ児童文化(大人の美化とお仕着せ)と同程度かそれ以上の比重を占める。おそらく幼少時に外で遊んだ方が、後年の社会生活上有利ではあるが、有利だからといってそれを推し進めようとするのは思想統制に近い。

 ここで何がいいたいかというと、幼少時に受けた文化の傾向は成人してからも強く残っていて、劣弱なものしか形成し得なかった人間は、長じてから研鑽を積んでも、その影響から脱しがたいということ。ただ、そこには諦めが必要で、自分に合ったものを改めて選んで文化の嗜好をつくることになる。それは肯定されるべきことではなくて、仕方がない、という諦めを常に含んでいる。それを含まないと開き直りになって無神経さを感じさせる。
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

白山中居神社 (岐阜県郡上市)

カテゴリ:両県外 [2011年03月02日 10時29分]
1 情報
hakusantyuukyo1
企画外No.9
名称白山中居神社
場所岐阜県郡上市白鳥町石徹白2-48
社格
文化財等○岐阜県指定 白山中居神社本殿の彫刻
規模面積大規模
紋章hakusantyuukyomon 賽銭箱に
参拝月2010.6
社叢分類Ba
参考文献Wikipediaの項目 白山中居神社


2 雑感

個人的感興☆☆+
 白山三馬場の一部である。木が大量に生えていて、川も流れていて雰囲気はよい。

hakusantyuukyo2
 木

hakusantyuukyo3
 木

hakusantyuukyo4
 川
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

鉾島神社 (福井市南菅生町)

カテゴリ:福井市 [2011年03月01日 14時52分]
1 情報
hukuihokosima1
福井No.165
名称鉾島神社
場所福井県福井市南菅生町
社格
文化財等
規模面積中規模
紋章現地で確認できず
参拝月2010.6
社叢分類Cc
参考文献福井市「鉾島」設置年月記載なし、(現地の立て札)


2 雑感

個人的感興☆
 福井市の海岸沿いにある。鳥居に鉾島神社と書いてあった。

hukuihokosima2
 鳥居

hukuihokosima3
 岩

hukuihokosima4
 頂上の祠

hukuihokosima5
 まわり
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

t

Author:t
男性。詳しくは自己紹介で。
mixiの所在
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 石川情報へ
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 福井情報へに参加中。

Powered by / © Copyright 石川県と福井県の神社 all rights reserved. / Template by IkemenHaizin