ことばで語りつくすこと

カテゴリ:身辺雑記 [2011年04月16日 20時58分]
 中島義道という哲学者(哲学研究者ではない)があって、それによると、哲学とはことばで語りつくすことである。これがわかっているだけでずいぶんとわかったことになる。

 それで、自分は別に哲学をやる気はないけれど、あいまいなことばをつかうべきでないと思っている。たとえば、さびしさ や 寂寥感 ということばで志向を表そうとしても、それはたいへんに粗雑なことばなので正確に把握できない。

 そこをxy軸の4象限で表したり、ベン図で表したりするのも、やはりかなり粗雑なかんじはまぬがれない。より詳細にみていこうとすれば、それは個別の事例を大量に集めることによってそれなりの傾向を見出すことによる。

 というわけで、そういうものについての文章を集めることになる。

死をポケットに入れて死をポケットに入れて
(1999/02)
チャールズ ブコウスキー

商品詳細を見る


かもめ・ワーニャ伯父さん (新潮文庫)かもめ・ワーニャ伯父さん (新潮文庫)
(1967/09)
チェーホフ

商品詳細を見る


静かなドン (1) (岩波文庫)静かなドン (1) (岩波文庫)
(1959/01/25)
ショーロホフ

商品詳細を見る
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

バナナチップ

カテゴリ:身辺雑記 [2011年04月11日 22時55分]
 すごくどうでもいいことだけど、ここ3日くらいバナナチップを一日一袋食べている。一袋250グラムで、100グラム500キロカロリーだから、1250キロカロリー取っていることになる。
 あと4月の後半の土日に、奈良の吉野へ行って適当に神社を見てくる予定なので、参加したい人はコメントを書いてください。自分はわりと気さくなほうです。

 3月には鞍馬山に行ったり
kuramatengu
 ※鞍馬天狗

 竹生島に行ったりした
tikubusimamihon

 どこに行ってもカップルばかりだった(特に京都)。
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

伏見稲荷

カテゴリ:サイト運営 [2011年04月09日 23時16分]
husimiinari1
 1の鳥居

husimiinari2
 千本鳥居

husimiinari3
 中腹

husimiinari4
 山頂
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

石川県3つの総社

カテゴリ:石川県の神社 [2011年04月03日 21時51分]
 総社(または惣社)とは、平安時代に現地に赴任した国司が参拝する神社でした。本来は国内すべての式内社をまわるのが国司のつとめだったそうですが、それではあまりにも労力がかかるので、ひとつの神社に式内社すべての神を祀ることにしてそれを総社と呼び、そこ一社に参拝して、すべてを参拝したことに代えたそうです。

notosoujakai1
 能登国総社 (七尾市古府町)

kobuisobekai5
 石部神社 (小松市古府町)

 能登の総社は七尾市にあって、名前もそのまま能登国総社となっており、加賀の総社は能美と小松の境にある石部神社となっています。

 また、式内社の神をまとめて祀ったものとは他の総社もありました。たとえば、

nanaohatimansoujakai1
 八幡神社 (七尾市八幡町)

 は石川県神社庁HPの項目「八幡神社」によれば、「当国八幡の惣社」であったそうです。能登の八幡神社の元締めだったのでしょうか。
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

t

Author:t
男性。詳しくは自己紹介で。
mixiの所在
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 石川情報へ
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 福井情報へに参加中。

Powered by / © Copyright 石川県と福井県の神社 all rights reserved. / Template by IkemenHaizin