人文主義地理学の方法

カテゴリ:普遍的なこと [2011年05月26日 22時41分]


 人文主義地理学という分野には、計量地理学への反対者という立場がある。しかし、明確なのは立場だけで、方法が明確でない。そもそも計量できないものをどのように表すのかと言えば、言葉で表すしかない。言葉で伝えたいことを表すとすれば、哲学に近くなる。哲学は何かを言葉で語りつくすことだからである。

 テキスト解釈(小説を地理的に読み解く)という方法は、一見して人文主義地理学に見える。しかし、そこで用いられている手法は計量地理のものであることがある。たとえば、登場人物の行動パターンを図にして示すなど。それは単に人間を、ある種の簡単な法則に従って行動している、とみなしているだけで、計量地理の手法と変わりない。だからこれは計量地理なのである。

 計量地理はあまりにも人間の行動を簡素化している。消費と距離との関係、などを図と式で示すが、それは経済人として最も効率のよい行動を人間が取った時の行動パターンを示すに過ぎない。実際には人間の行動には気まぐれやこだわりが存在し、そのようなパターンを踏むと限らない。

 この計量地理の不自然さを批判して生まれたのが人文主義地理学、現象学的地理学である。場所と人間との関係はそのような簡素な数式であらわされるものではなく、多様な関係を含んでいる。

 ただ、数や式で表記しないのなら、頼れるものは言葉や映像だけである。そのため、方法論が曖昧になっている。 




 だから、人文主義地理学の方法論をひとつ確立するだけでも功績になる。

 人は場所から何らかの印象を受け、感情を持つ。その感情には、好ましいものもあれば好ましくないものもある。そのうち、好ましい印象を受ける土地に相対した時、抱いている感情は正確にいえばどのようなものなのか。たとえば、さびしさ を感じている、と漠然と思っていたとする。だが、その さびしさ とは具体的にどういうものなのか。

 母親が死んでさびしい、という さびしさ と、夕暮れ時のバス停に人がいなくてさびしい、 というさびしさ は別物である。自分が好ましく思うさびしさ は後者の種類である。では、その さびしさ を正確に描写するとすればどういう方法があるのか。言葉でさらに詳しく説明する、という方法もある。

 だが、その感情を引き起こした場所を分析することで、感情を詳しく説明できる。たとえば、自分のさびしさを引き起こしたバス停は、要素に分解できる。まず視覚として、周辺の草むら、バス停、夕暮れの空、… などがある。さらに聴覚として、ヒグラシの鳴き声、… などがある。嗅覚として、草のにおい、… などがある。

 そういう自分と独立して存在しているものの他に、自分の中の経験、自分の体調といった、自分の一身に属している要素がある。

 とりあえず場所を分解することで、自分が感じている感情を引き起こす原因を詳しく描写できる。それは、①人の手が入っているが、②現在は人がいない、… といった感じに分解し、記述できる。それが、さびしさ とイコールである。これは感情を詳しく描写することである。




 このように、人の感情を描写する道具として、景観を使う、という方法論は、人文主義地理学の方法論になる。これを洗練して適用する事例をいくつか示せば研究になる。
コメント (2) /  トラックバック (0)
編集

場所はどのように捉えられているか

カテゴリ:普遍的なこと [2011年05月22日 22時45分]
toraekata

①外的条件 (=計量地理学になじむ)

 ・視覚→天候、植生、人の密度、建築物、…
 ・聴覚→音の頻度、大きさ、種類
 ・嗅覚
 ・他に触覚や味覚もありうる。(スイカを食べながら縁側で見た風景など)

 場所を構成しているのはこれらの要素である。その中で何が重要なのか、は解釈による。
 これらの要素は客観的に測定可能で、計量地理になじむ。

②(人間の)内的条件 (=人文主義地理学になじむ)

 ・経験→育ち方である。都会の喧騒の中に育てば静かさを嫌うかもしれない。
 ・体調→体調によっても場所の嗜好は変わる。体調が悪ければうるさい場所に行きたがらない。
 ・嗜好→経験によって嗜好が決まる。ひとけのない場所を好むなど。
 ・文化→文化がものの見方を規定する。アメリカ人の神社への見方は、日本人の見方と違うはずだ。

 場所の感じ方は人によって違う。それは一人一人の内的条件が違うからである。それは個人的経験とともに、文化によっても規定されている。
 これらの要素は測定が難しい。計量よりは、文学的記述になじむ。たとえばエッセイには、個人の趣味嗜好が書かれる。また、日記など、それらの文章の中にこの内的条件が断片的に記述される。また、個人の年表を作成してみても、内面を推し量れるかもしれない。単純な計量がし難いのが、この内的条件である。

③解釈 (場所をいかにして捉えているか)

 ・景観のゲシュタルト的解釈、特に植生が景観を強く規定する (フンボルト)
 ・「人間のまなざしが自然をいったん分割し、分割したものを単独の統一体にまで再構成する」(ジンメル)

 山野正彦『ドイツ景観論』には、景観をどのように捉えるか、について上記のようにドイツの学史が記されている。
 ①の外的条件を、②の内的条件を持った人間が解釈することによって、そこに場所への認識が成立する。その際、人間はどのように場所を認識し、解釈しているのか。そのメカニズムを明らかにせねばならない。ただし、ここはどうとでもいえる気がする。認識は哲学的な分野だからである。ここで現象学の仕組みを持ちだし、認識の仕方に当てはめる、などができそうだが難しい。

④解釈の結果

 ・景観の感受
 ・文学の描写

 ③で解釈をした結果、人間は景観を感受する。そこで場所への印象が生まれる。その結果を文字に残そうとすれば、文学的描写になる。文学の描写には巧拙があり、巧い物は場所への印象を克明に描くことができる。拙いものは場所の雰囲気を捉え得ず、月並みな描写に終わる。
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

現象学的地理学、人文主義地理学

カテゴリ:普遍的なこと [2011年05月20日 23時53分]
1 現象学的地理学、人文主義地理学

 地理学というと地誌(地域の総合的記述)と系統地理(普遍的原理の追求)であって、系統地理は、人文地理(地表と人間との関係)と自然地理(自然的地理条件)にわかれる。

 さらに、地理学の新しい分野として、現象学的地理学(レルフ)と、人文主義地理学(トゥアン)がある。これは、「人間という主体からみた場所のあり方を問う」[上野・椿・中村『地理学概論』6頁]地理学であって、人間の知覚・感情を中心に場所を見ていく。

 計量による図示では抜け落ちてしまう人間の感覚をとらえようとする試みであって、何事も理論化・法則化しようとする科学的志向への反発として発生してきた。

☆エドワード・レルフ『場所の現象学』ちくま学芸文庫1999

・場所を「本物」と「偽物」に分ける。「本物」ではそこに住む人間が場所に働きかけ、人間を主体として場所が構成されている。「偽物」ではそこに住む人間と関係のないお仕着せのものが場所を支配しており、人間は主体的に活動できない。(160頁)
・「偽物」の空間のありようを「没場所性」と呼ぶ。それに対して「本物」は「場所性」を持つ。
・「没場所性」の例として、「キッチュ」という分類がある。これは、ありきたりな俗悪さを持った内容のことである。たとえば、観光地のけばけばしくてありきたりな装飾や雰囲気が挙げられる。
・ほかに「没場所性」として「テクニーク」という分類がある。これは人間不在で工学的に設計された都市計画などを指す。人間の住む箱にすぎない団地、工場など。

☆イーフー・トゥアン『空間の経験』ちくま学芸文庫1993

・場所を人間の経験から見る。人間の種類によって、把握している空間の感覚が違う。たとえばエスキモーの男性は、海岸線を重要視して脳内に留め、空間を把握している。
・客観的な地図とは別に、人間はそれぞれ経験を基にした空間把握を持っている。それを地図に書き表すとすれば、自分と関係のある特定の対象を主に取り上げた地図になる。
・特定の人間に対して重大な意味を持つ場所は他人にとって意味を持たない。
・場所に対する経験を言語化しようとすると、使い古されたありきたりな表現になってしまう。それは経験を正確に反映せず、月並みな印象を与えてしまう。
・文学はそれらの、個人的な場所への経験を正確に描写しようとする。
・「場所」とは個人的な経験が濃密な価値を持っているところで、当人にとってそれが重大な価値を持つ場合、そこに「場所愛(トポフィリア)」が発生する。

2 現象学的地理学、人文主義地理学の方法

 人間を中心として地理を見ていく場合に、いくつかの方法がとられている。ここでメンタルマップ(人間の感情をもとにした地図)、テキスト解釈、サウンドスケープを挙げる。

☆メンタルマップ

 グールド/ホワイト『頭の中の地図 メンタルマップ』朝倉書店1981

・場所に対する好悪を数値化し、それをもとに等値線を引いてメンタルマップをつくる作業が主である。
・本書では順位尺度という方法を用いる。これは、いくつかの場所に対して、好感度の順位づけをする方法(1位、2位、3位、・・・)である。これに対して、点数付けは間隔尺度(100点~0点)と呼ばれる。
・この手法によって全編を通して空間の等値線による分類がなされる(メンタルマップの作成)。尺度を変えることによって等値線もかわる。自然環境に対する順位付けで作られたメンタルマップと、政治の尺度で作られたメンタルマップとでは、等値線の配置が異なる。

☆テキスト解釈

 杉浦芳夫『文学のなかの地理空間―東京とその近傍』古今書院1992

・十数個の文学作品を取り上げ、それぞれを地理的な手法で分析している。
・小説の主人公の行動パターンのマップ化するなど。そこから人間の行動パターンや、場所へのイメージが見える。

☆サウンドスケープ

 米田巌・潟山健一訳編『心のなかの景観』古今書院1992 45頁

・定点に録音機を置き、聞こえてくる音の頻度を分類する。
・アンケートを取り、場所への好悪を調べて、音の記録と照らし合わせる。
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

福井市神社概観

カテゴリ:自治体別まとめ【福井】 [2011年05月15日 16時09分]
syungaku1
 福井神社 (福井市大手)

 県内で唯一別格官幣社のある自治体である。清水町と美山町、越廼村を合併したので市域が広い。

<近代社格>
==別格官幣社==
No.神社名列格年
1藤島神社 (福井市毛矢)明治9
2福井神社 (福井市大手)昭和18

==県社==
No.神社名列格年
1足羽神社 (福井市足羽上町)明治8
2佐佳枝廼社 (福井市大手)明治14
3安波賀春日神社?
4神明宮?
5護国神社?

==郷社==
No.神社名列格年
1毛谷黒龍神社 (福井市毛谷)?
2杉杜白髭神社 (福井市勝見)明治8
3湊八幡神社?
4木田神社?
5簸川神社?
6和田八幡宮?
7加茂神社?

<式内社、論社>
No.神社名該当する式内社
1杉杜白髭神社 (福井市勝見)杉杜郡神社 (足羽郡)
2大己貴神社 (福井市南居町) 境内の直野神社直野神社 (足羽郡)
3登知為神社 (福井市栃泉町)登知為神社 (足羽郡)
4與須奈神社 (福井市下市町)與須那神社 (足羽郡)
5分神社 (福井市脇三ヶ町)分神社 (足羽郡)
6越知神社 (福井市河水町)神傍神社 (足羽郡)
7足羽神社 (福井市足羽上町)足羽神社 (足羽郡)
8金劔神社 (福井市江上町) 境内の意加美神社意加美神社 (坂井郡)
9己乃須美神社己乃須美神社 (坂井郡) 論社
10白山神社
11白山神社
12黒龍明神跡
13毛谷黒龍神社 (福井市毛谷)毛谷神社 (坂井郡) 論社
14黒龍神社
15八重巻白山神社内の黒龍神社
16熊野神社 (福井市布施田町)英多神社 (坂井郡)
17春日神社石田神社 (坂井郡) 論社
18味坂神社 (福井市深坂町)味坂神社 (坂井郡) 論社
19八幡神社盤座神社 (大野郡)
20八幡神社椛神社 (大野郡) 論社
21八幡神社
22八幡神社大山御板神社 (丹生郡) 論社
23加茂神社雷神社 (丹生郡) 論社


☆参考文献
近代社格→『御大典記念 福井県神社誌』福井県神社庁 編集・発行H6
式内社→神奈備にようこそ!ページ内 「越前國:126座大8小118」http://kamnavi.jp/en/etizen.htm 作成者:瀬藤禎祥 H16.1.25作成 2011年5月15日アクセス
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

鯖江市神社概観

カテゴリ:自治体別まとめ【福井】 [2011年05月14日 21時39分]
sabaesikiyama1
 めがね産地として有名な市で、福井市のすぐ南にある。面積はそれほど広くないが、県社が2社あり、近代社格での格付けは充実している。市街地を抜けて東に走るとすぐに山深くなり、そこに社叢に優れた神社がある。

<近代社格>
==県社==
No.神社名列格年
1舟津神社 (鯖江市舟津町)明治8
2神明社 (鯖江市水落町)?

==郷社==
No.神社名列格年
1春日神社 (鯖江市鳥井町)?
2松阜神社 (鯖江市旭町)?
3石田神社 (鯖江市石田上町)?
4劒神社 (鯖江市下新庄町)?
5河和田神社 (鯖江市寺中町)?

<式内社、論社>
No.神社名該当する式内社
1白山神社 (鯖江市米岡)長岡神社 (丹生郡) 論社
2舟津神社 (鯖江市舟津町)大山御板神社 (丹生郡) 論社
丹津神社 (今立郡)
3春日神社 (鯖江市鳥井町)大山御板神社 (丹生郡) 論社
4石部神社 (鯖江市礒辺町)石部神社 (今立郡)
5刀那神社 (鯖江市戸ノ口)刀那神社 (今立郡) 論社
6加多志波神社 (鯖江市川島町)加多支波神社 (今立郡) 論社
7春日神社 (鯖江市吉谷町)
8敷山神社 (鯖江市河和田町)敷山神社 (今立郡) 論社
9神明社 (鯖江市水落町)土輪神社 (足羽郡) 論社
10石田神社 (鯖江市石田上町)石田神社 (足羽郡) 論社


☆参考文献
近代社格→福井県神社庁『御大典記念 福井県神社誌』H6
式内社→神奈備にようこそ!ページ内 「越前國:126座大8小118」http://kamnavi.jp/en/etizen.htm作成者:瀬藤禎祥 H16.1.25作成 2011年5月14日アクセス
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

貴船神社 (加賀市小塩町)

カテゴリ:加賀市 [2011年05月08日 23時14分]
1 情報
kagakosiokihunekai1
No.192
名称貴船神社
場所加賀市小塩町
祭神高麗神・菊理媛神
創立年不詳
社格式内社論社、神饌幣帛料供進神社(T4)
境内社 
文化財等 
規模中規模
紋章kagakosiokihunemon 拝殿屋根に
例祭 
参拝月2009.1
2011.5
参考文献著者の記載なし「貴船神社由来碑」S55 ※境内の石版

2011.5写真差し替え

2 雑感

個人的感興☆
 かつて北前船で賑わった橋立港に臨む神社。境内には遊具があった。

(2011.5)
 2年半前に行った時は何とも思わなかったが、5月に行くと木の葉がたくさん生えていて景観がよかった。無印→☆

kagakosiokihunekai2
 まえ

kagakosiokihunekai3
 1の鳥居

kagakosiokihunekai4
 2の鳥居
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

加賀神明宮 (加賀市大聖寺神明町)

カテゴリ:加賀市 [2011年05月08日 22時58分]
1 情報
kagasinmeiguukai1
石川No.195
名称加賀神明宮
場所加賀市大聖寺神明町
祭神天照大神
創立年 
社格県社(M16)
境内社橋姫神社(明治に勧請)
文化財等 
規模中規模
紋章kagasinmeiguumon 銅馬に
例祭4月16日
参拝月2009.1
2011.5
参考文献石川県神社庁『石川県神社誌』107頁、S51

2011.5写真差し替え

2 雑感

個人的感興☆
 大聖寺のはずれにある神社。菅生石部神社とは反対方向。大鳥居が印象的。「宮」と名乗る神社は由緒ある神社だそうです。

(2011.5)
 2年半ぶりに行った。大きな木があった。 

kagasinmeiguu2
 1の鳥居

kagasinmeiguu3
 2の鳥居

kagasinmeiguu7
 境内
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

記紀に出てくる能登ゆかりの人物と神社

カテゴリ:石川県の神社 [2011年05月07日 23時50分]
 古事記・日本書紀に出てくる能登についての記述を抜き出した。ただし、それらの記述は全て人名に関するものとなっている。それらの人物にまつわる神社があるのでまとめてみた。読んだ古事記・日本書紀は、角川ソフィア文庫の『新訂古事記』(武田祐吉・中村啓信S52)、講談社学術文庫の『全現代語訳日本書紀 上・下』(宇治谷孟1988)。

【1】 大入杵命(おおいりきのみこと)

『新訂古事記』277頁:三、崇神天皇の項 …「次に大入杵の命は能登の臣の祖先です」
『全現代語訳日本書紀 上』:記述なし

 崇神天皇の子で能登の臣の祖先。現在の中能登町、かつての鹿島郡に下向したといわれる。

notobekai1
 能登部神社 (中能登町能登部上) …大入杵命を祀る

※若狭にある能登神社 (若狭町能登野字森ノ本)は能登から離れているにも関わらず大入杵命を祀っている。

【2】 四道将軍の一 大毗古命または大彦命 (おおびこのみこと)

『新訂古事記』279頁:三、崇神天皇の項 …「またこの御代に大毗古命をば越の道に遣わし」
『全現代語訳日本書紀 上』126頁:巻第五 崇神天皇の項 …「大彦命を北陸に」

 崇神天皇は畿内から四方に向かって平定のために4人の将軍を遣わした。それが半ば伝説の四道将軍であって、北陸を担当したのが大毗古命である。

idakumano4
 熊野神社 (中能登町井田) …大毘古命が創建したといわれる

【3】 石衝別の王または磐衝別命 (いわつくわけのみこと)

『新訂古事記』283頁:四、垂仁天皇の項 …「石衝別の王は羽咋の君・三尾の君の祖先」
『全現代語訳日本書紀 上』147頁:巻第六 垂仁天皇の項 …「磐衝別命を生んだ。これは三尾君の先祖である」

 石衝別の王は垂仁天皇の子であって、古事記では羽咋の君(君は姓の一種)の祖先といわれる。

hakui1
 羽咋神社 (羽咋市川原町) …磐衝別命を祀る

【4】 能登臣馬身龍(のとのおみまむたつ)

『新訂古事記』:記述なし
『全現代語訳日本書紀 下』211頁:巻第二十六 斉明天皇の項 …「能登臣馬身竜は、敵のために殺された」

 まつわる神社は知らない。
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

t

Author:t
男性。詳しくは自己紹介で。
mixiの所在
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 石川情報へ
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 福井情報へに参加中。

Powered by / © Copyright 石川県と福井県の神社 all rights reserved. / Template by IkemenHaizin