スポンサーサイト

カテゴリ:スポンサー広告 [--年--月--日 --時--分]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集

本物じゃない 09/02/05

カテゴリ:身辺雑記 [2011年11月29日 22時43分]
ooaraiisozaki8

 「ごめん、本物じゃないから
 という台詞を使う場面を考えている。

【1】 医師が開腹手術をしたあとで、「ごめん、俺、本物じゃないから」という。医師免状は偽物だった。

【2】 他人の家で大福を食べた後で、甘味料がズルチンだったことが判明。「ごめん、砂糖、本物じゃないから」と謝られる。

【3】 有名大学大学院で博士号を取った人間が、急に就職し、一緒に働くことになる。最初のレクリエーションで、難しい経済用語を沢山使いながら自己紹介と将来への展望を語る。
 3日ほど仕事をした後、仕事の不手際について問い詰めると、「ごめん、俺、本物じゃないから」と言う。博士号は偽物だった。

【4】 小さな会社に就職すると、社長が豪傑めいたことをいう。「今の不況は100年に一度のチャンス」とか。
 3ヵ月後、会社が手形の不渡りを出したことが判明。社長は非常に狼狽しており、大物めいた行動を取らない。社長に問うと、「ごめん、俺、本物じゃないから」という。豪傑めいた振舞いは偽物だった。

【5】 知り合いの業者から、国産うなぎをもらう。それを食べた後、電話がかかってきて、「ごめん、あれ、本物じゃないから」といわれる。中国産だった。

----------------------------

 このように、本物ではないこと、本物ではないもの、について、よく考えている。
スポンサーサイト
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

人文地理学会

カテゴリ:普遍的なこと [2011年11月17日 23時21分]
akuwasomayama5

人文地理学会行って思ったこと

・地理は1次情報を寄せ集めて編集する作業であって,なんでも地理になる 何をしてもいい,という気楽さはあるが,やっていることは他分野の研究内容から空間という要素を抜き出してそれを中心にまとめたコピー&ペースト的なところがある。

 ある発表は,地理的要素が薄いと指摘されていた。それは地理の内容ではなくて,社会学の内容ではないかということである。このように,他のものは何でも地理になりうるが,それは対象の一部分(空間という部分)を切り取って編集しただけである。

・地理の独自性といったら,分布 が挙げられる また,空間のゲシュタルト的解釈として,部分に分解できない空間の理解を目指す方向性もありうる 後者はよくわからないけど一応理屈としてはそういえる。

・地理の立場として,防災の専門家になることを放棄して,町医者的な立場から防災への提言を,といっても,それは地層学(地震の原因解明)や建築学(地震に強い建物設計),経済学(防災のための経済活動)などと比べると見劣りする立場である 器用貧乏ということではないだろうか。


 単独の場所を取り出して分析しようとすれば,その手法は経済学や社会学,自然科学に頼るしかないわけで,地理はそれらの成果を抽出して記載した地誌になり,二番煎じである。
 だから地理が独自性を出そうと思ったら,分布を示すことによって,その地域がもつ,全体の中での相対的な位置を示す,ということがありうる。
 もうひとつは,部分に分解されない(=ゲシュタルト的),全体としての場所の解釈を目指す,という方向性がありうる。たとえば,机の上にミカンが置いてある写真があったとする。机の上からミカンがなくなった写真と,それとは別物である。このように構成要素が欠けることによって,場所は違った意味を持つ。それはただ一つの要素が欠けたということではなくて,全く別物となる。理屈としてはゲシュタルト的というのはわかるんだけど,それをもとに場所を理解するとはどういうことか勉強してないからわからない。
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

t

Author:t
男性。詳しくは自己紹介で。
mixiの所在
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 石川情報へ
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 福井情報へに参加中。

Powered by / © Copyright 石川県と福井県の神社 all rights reserved. / Template by IkemenHaizin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。