スポンサーサイト

カテゴリ:スポンサー広告 [--年--月--日 --時--分]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集

0229

カテゴリ:普遍的なこと [2012年02月29日 21時37分]
hasu111

1 地理の研究のために他分野の手法を使う

 

 人文地理学会に行く,人文主義地理学の本を読むなどして感じたことは,他分野の研究手法を地理学に適用できるということである。例えば,

 

地理+経済学=計量地理学

地理+社会学(ライフヒストリー,アンケート)=人文主義地理学

地理+自然科学=自然地理

 

 むしろ,他分野の研究内容から「分布」「空間」という要素を取りだして編集したのが地理学,というべきなのだろうか。

 このように,他分野の手法を適用することで,研究の手法とすることができる。その他分野の手法を探す必要がある。

 

2 資料の分析には統計学の手法を使わねばならない

 

人文主義地理学における問題点として,文章の分析方法が恣意的だということがある。例えば,滝波や寺本は,文章を集めて分類しているが,そこで「分析」として行っている作業には明確な基準がなく,手法が曖昧である。

統計学では,内容分析という技法がある。クラウス・クリッペンドルフ『メッセージ分析の技法 「内容分析への招待」』によると,社会学で文章を分析するには厳密な基準がある。

まず,サンプリング(対象の抽出)から「層化抽出法」「クラスター抽出法」など,いくつかの手法がある。また,それを分析する手法にもいくつかの科学的な方法がある。①ある言葉が出てくる頻度を数える,②文脈的分類法(文章を主語・述語に単純化),…など,「分析」には型がある。さらに,そうやって得たデータが「信頼性」と「妥当性」を備えているかチェックせねばならない。

このように,収集したデータは統計学の方法論に則って科学的に「分析」しなければ,恣意的なものとなる。

だから文章を分析しようとしたら,サンプル抽出段階から統計学の手法をどれか使わねばならない

 

3 イコノロジー,写真論

 

 今回は絵画論からイコノロジーを選び,それを地理に適用することを考えた。バルトの写真論も読んでみたが,こちらは手法が直感的すぎて科学的ではない。バルトは「ストディウム」「プンクトゥム」という言葉を用いて,写真から受ける印象を記述している。(『明るい部屋』)

スポンサーサイト
コメント (0) /  トラックバック (0)
編集

t

Author:t
男性。詳しくは自己紹介で。
mixiの所在
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 石川情報へ
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 福井情報へに参加中。

Powered by / © Copyright 石川県と福井県の神社 all rights reserved. / Template by IkemenHaizin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。