専門性が低い

カテゴリ:サイト運営 [2010年06月15日 22時05分]
 今日は身近で、日吉大社の使いが猿で春日大社の使いが鹿なのはなぜか、という話題が出たが自分は答えられなかった。ネットで調べたところによると猿は「魔が去る」ということで魔除けの意味、鹿は祭神のタケミカヅチが鹿に乗ってやってきたので神の使い、ということらしい。

 自分は神道系の大学を出たわけではなく、大学でのゼミでやっていたのも吾妻鏡なので、神社については独学なのだが、それほど専門性があるわけではない。石川県と福井県内の式内社・県社郷社の所在については把握しているが、それ以上の学識があるわけではないので、神社の専門家というには無理がある。

 さらに、本業と神社はズレているので、神社のことばかり勉強しているわけにもいかない。その中でも、多少神社について体系性のある知識を身につけるためにはどうすればよいか。

1 神道史
2 建築
3 祭神
4 格式
5 神道思想

 ここらについてある程度自分でまとめたものを作っておくことが必要だろうか。ただし負担が大きく、実行できるか微妙である。本当は専門家に就いて勉強するべきだがそうはいかない。
コメント (2) /  トラックバック (0)

コメント

No title
akeiro URL [2010年06月16日 21時49分]

神道史とかは難しそうですね。。。
私も見に行くのが専門で、知識がないので
基本、資料頼みです^^;

Re: No title
管理者 URL [2010年06月16日 22時47分]

どうもこんばんわ。
自分は『御大典記念 福井県神社誌』と『式内社調査報告 第十五巻 北陸道1』
だけが頼りなので素人の域を出ません。
あと最近、やることがたてこんでいて、神社について
趣味的にやる時間が取れていません。

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://cactusleaf.blog60.fc2.com/tb.php/1019-f0041285
編集

t

Author:t
男性。詳しくは自己紹介で。
mixiの所在
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 石川情報へ
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 福井情報へに参加中。

Powered by / © Copyright 石川県と福井県の神社 all rights reserved. / Template by IkemenHaizin