スポンサーサイト

カテゴリ:スポンサー広告 [--年--月--日 --時--分]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://cactusleaf.blog60.fc2.com/tb.php/1023-4f174e6a
編集

理解が無い

カテゴリ:身辺雑記 [2010年06月18日 23時50分]
 同僚に当Weblogの存在を明らかにしても、誰も全く興味を持たず、おざなりに話を合わせはするが、神社の話を嫌がるそぶりすら見える。所詮、他人の趣味の押しつけなど迷惑でしかないということ。

 歳を取るとともにわかるが、他人に自分の趣味を提示しても、それに共感が得られる場合は百回に一回もない。たとえば、自分の好むCDや本を同僚に貸したとする。一週間後同僚に感想を聞けば、かなりの確率で「聞いていない」「読んでいない」というであろう。そのように、自分の趣味に他人が共感することはごくまれで、多くの場合、趣味の提示は迷惑でしかない。

 そのため、このWeblogに読者がつくことは無く、アクセス数は極少で、コメントもつかない。

 あと、今日、ピアノの話をして、自分が幼少期にピアノを習ってブルグミュラーでやめたと発言したことにより、失笑を買った。たしかにレベルの低い話で、恥としか言いようがない。やはり口数は少なくしないと、思わぬ失点が出てくる。基本的にしゃべることは相手に付け入る隙を与えることであって、しゃべればしゃべるほど追及の種が多くなり、身が危うくなるため、できるだけしゃべらないことしか自衛の手段は無い。

 ただ、これは世の流れに逆行する信条であって、積極性を掲げて我利をもぎ取ろうとする、世の流れに適応した悪辣な人間にどう対処するかが問題になってくる。また、しゃべらないことによっても恥は繕えず、いつまでも消えはしないので、追及の種が一生禍根として残っていく。それは消しようが無く、他人の悪意も止めようが無い。

 他人によって生殺与奪が握られている以上、幸せになることはあり得ない、と常に考えねばならない。
コメント (0) /  トラックバック (0)

コメント

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://cactusleaf.blog60.fc2.com/tb.php/1023-4f174e6a
編集

t

Author:t
男性。詳しくは自己紹介で。
mixiの所在
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 石川情報へ
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 福井情報へに参加中。

Powered by / © Copyright 石川県と福井県の神社 all rights reserved. / Template by IkemenHaizin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。