石川県3つの総社

カテゴリ:石川県の神社 [2011年04月03日 21時51分]
 総社(または惣社)とは、平安時代に現地に赴任した国司が参拝する神社でした。本来は国内すべての式内社をまわるのが国司のつとめだったそうですが、それではあまりにも労力がかかるので、ひとつの神社に式内社すべての神を祀ることにしてそれを総社と呼び、そこ一社に参拝して、すべてを参拝したことに代えたそうです。

notosoujakai1
 能登国総社 (七尾市古府町)

kobuisobekai5
 石部神社 (小松市古府町)

 能登の総社は七尾市にあって、名前もそのまま能登国総社となっており、加賀の総社は能美と小松の境にある石部神社となっています。

 また、式内社の神をまとめて祀ったものとは他の総社もありました。たとえば、

nanaohatimansoujakai1
 八幡神社 (七尾市八幡町)

 は石川県神社庁HPの項目「八幡神社」によれば、「当国八幡の惣社」であったそうです。能登の八幡神社の元締めだったのでしょうか。
コメント (0) /  トラックバック (0)

コメント

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://cactusleaf.blog60.fc2.com/tb.php/1207-7e607fdc
編集

t

Author:t
男性。詳しくは自己紹介で。
mixiの所在
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 石川情報へ
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 福井情報へに参加中。

Powered by / © Copyright 石川県と福井県の神社 all rights reserved. / Template by IkemenHaizin