スポンサーサイト

カテゴリ:スポンサー広告 [--年--月--日 --時--分]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://cactusleaf.blog60.fc2.com/tb.php/1221-85624fba
編集

ジェイン エア

カテゴリ:身辺雑記 [2011年06月25日 21時22分]
C・ブロンテ『ジェイン エア』河野一郎訳 中央公論社1994

1.あらすじ

 19世紀のイギリスでのはなし

(1) ちいさいとき

 両親を亡くしたジェイン エアが伯母の家で虐待される。家から追い出されて、寮制の学校へ行く。最初は待遇が劣悪だが、後で改善される。そこで教育を得て、家庭教師としてソーンフィールド館へ行く。

(2) 家庭教師

 ロチェスター氏のソーンフィールド館で、養女の家庭教師をする。ロチェスター氏と相思相愛になる。ロチェスター氏に告白されて、結婚式を挙げそうになるが、ロチェスター氏に気の狂った妻がいて、屋敷に軟禁されていることがわかる。結婚は同義的に許されないと考え、ジェインは館から出ていく。

(3) いとこ

 3日間放浪して、助けを求めた家で世話になる。その家には牧師の兄一人と妹二人がいる。生活のために小学校の教師をしていると、海外に居た伯父が死んで、遺産が入ってくる。それと同時に、助けを求めた家のものたちが、ジェインのいとこだったとわかる。

(4) おわり

 いとこから告白されて、結婚してインドで一緒に宣教師をしようといわれる。いとこは労働力としてのみジェインを求めていることが明白なので、拒否する。ロチェスター氏の屋敷に戻ると、火事によって狂人の妻が死に、ロチェスター氏は片手がなくなって盲目になったとわかる。ロチェスター氏のところに行って、結婚する。

2.感想

・容姿はいまいちだが教育があるジェインエアが、金持ちの旦那から好かれる話で、容姿がいまいちだが学のある女学生の共感を呼ぶ内容。
・展開に不自然なところがいくつかある。偶然助けを求めた家の家族が、のちに主人公のいとこだったとわかるところなど。
・キリスト教的道徳と、恋愛を最重視する考えとの対立がみえる。キリスト教的道徳を最も重視しているのが、インドへ布教に行くセントジョン(ジェインのいとこ)で、恋愛を最重視しているのが不具になってジェインと結婚するロチェスター氏

・彼女をつくることで男が幸せになる、という筋書きなので、幸せになる為には彼女をつくらねばならないことがわかる。
コメント (0) /  トラックバック (0)

コメント

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://cactusleaf.blog60.fc2.com/tb.php/1221-85624fba
編集

t

Author:t
男性。詳しくは自己紹介で。
mixiの所在
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 石川情報へ
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 福井情報へに参加中。

Powered by / © Copyright 石川県と福井県の神社 all rights reserved. / Template by IkemenHaizin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。