『失われた時を求めて』について

カテゴリ:普遍的なこと [2011年07月23日 12時13分]
humurogoou3

 数年前図書館に通いながらプルーストの『失われた時を求めて』を読んだのだが大分苦労した覚えがある。随分つまらない話だと思った。

 筋書きそのものには全然興味が持てず、ヴェルデュラン婦人やシャルリュス男爵が延々と社交を繰り広げているな、としか思えなかった。筋は殆ど覚えていない。
 だが、時折、人生に対する考察のようなものが文章に混ぜられていたので、その箇所に付箋を貼っておいた。

 それらの箇所の中で、最も印象に残ったのは、第七篇「見出された時」の中での、記憶に関する考え方だった。ちくま文庫の『失われた時を求めて』10巻の320頁付近でそれについて話されている。
 引用するのも迂遠なので、自分なりにまとめるとすると、大体このようになる。

①我々が人生について把握する際、それは記憶を通して行われる。記憶の積み重ねによって大体人生の内容を把握している気になる。人生がつまらないものだと判断されるのなら、それは記憶の不完全さによる。
②人間の記憶は一面的で、人生の真の姿の一面を取り出し、それを取り囲んだ諸要素を切り離したものに過ぎない。だから、それらの記憶の積み重ねによって人生を把握していると思っていても、それは不完全な把握であり、まがいものを見て把握したと思い込んでいるに過ぎない。
③だが、何か(例えば触覚や嗅覚や味覚)を媒介として、突如として、一面的でない記憶を把握できることがある。それにより、人生の真の姿を把握できる。そこに幸福がある。

 かなり雑なまとめ方であって、特に③の部分は自分が誤解しているのではないかと思うが、とりあえず自分なりに暫定的に書くとするとこういうことになる。
 でも専門書などを読めばもっと穿った解釈がされているに決まっているけど。そういえばこないだ読んだ本の中では、プルーストは時間の外に出ることにより時間から開放される手法を示したのだ、というようなことが書いてあって、それも少し半理解状態ながら納得させられるような気もする。

2007年05月19日21:09


 無意志的想起という話が、人文主義地理学に使える。プルーストではマドレーヌによる味覚や嗅覚でそれが起こる、という話ばかりが有名だが、庭の敷石にけつまずくことでもそれが起こるという個所がある。場所が無意志的想起に関連しているので、それを自分で追及し、さらに追及の仕方を定型化すればそれらしくなる。
コメント (0) /  トラックバック (0)

コメント

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://cactusleaf.blog60.fc2.com/tb.php/1225-280209c4
編集

t

Author:t
男性。詳しくは自己紹介で。
mixiの所在
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 石川情報へ
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 福井情報へに参加中。

Powered by / © Copyright 石川県と福井県の神社 all rights reserved. / Template by IkemenHaizin