能登土着の祭神たち

カテゴリ:石川県の神社 [2009年02月13日 18時00分]
 神社の祭神にはいろいろとあるが、2種に分類できる。
 全国区で祀られている神と、地方独自に祀られている神。

 しかし、全国区で祀られている神、たとえば建御名方神、大己貴神、少彦名神、大山咋神、などについて、親しみを持つのは難しい。
 なぜなら、日常から遠く離れた神話中の存在であり、もっといえば、中央から派遣された神だから。

 それに比べれば、地方独自の神は、まだしも親しみがもてるのではなかろうか。中央からの派遣ではなく、その地に長年根付いている存在のため。また、それにまつわる神話も身近なところを舞台とするだろうから。

 そのような祭神を以下で紹介。今回は能登編。

==能登==

【豪族の守り神系】

* 鳥屋比古神 鳥屋比古神社 (中能登町春木)
* 加志波良比古神  加志波良比古神社 (珠洲市宝立町)
* 藤津比古神 藤津比古神社 (七尾市中島町藤瀬)

 これらはおそらく、地方豪族の守り神ではあるまいか。地名と神名が一致している。

【渡来人の神系】

* 美麻奈比古神・美麻奈比神 美麻奈比古神社 (穴水町川島)
* 白比古大神 白比古神社 (中能登町良川)
* 阿良加志比古神 久麻加夫都阿良加志比古神社 (七尾市中島町宮前)

 これらは、朝鮮半島からの渡来人が、自分達の神を祀ったものではないかといわれる。
 名前からして、美麻奈比古神(みまなひこのかみ)は、任那(みまな)の渡来人のもの、白比古大神(しらひこおおかみ)は新羅(しらぎ)のもの、阿良加志比古神(あらかしひこのかみ)は阿羅伽耶(あらかや)政権の頃のものかも知れない。

【その他独自の神】

* 石瀬比古神 石瀬比古神社 (輪島市町野町東)
* 伊豆牟比神 神杉伊豆牟比神社 (穴水町中居)

 これらは、地名と祭神名が一致しないが、当地で古くから祀られていた神のようだ。

【中央の神話と関わりを持つ神】

* 能登比神 能登比神社 (中能登町能登部下)
* 奈鹿曽彦命 奈鹿曽彦神社 (中能登町曽祢)
* 奈鹿曽姫命 奈鹿曽姫神社 (羽咋市下曽祢町)

 これらの神は、大己貴神と関わりを持つ。奈鹿曽彦命と奈鹿曽姫命は大己貴神の子供という。

-------------------------------

 戦前には、国家が地方独自の祭神名を、全国的に有名な祭神名に改めさせることが行われたという。それによって、神社名と祭神名が合わない神社ができたのだろうか。

 古麻志比古神社 (珠洲市若山町)加夫刀比古神社 (鳳珠郡穴水町甲)椎葉円比神社 (羽咋市円井町)荒石比古神社 (七尾市川尻町) などは神社名と祭神が一致しない。どういう経緯によるものか。

 穴水町甲(かぶと)にある、加夫刀比古(かぶとひこ)神社が加夫刀比古神を祀っていないのは納得が行かない。どうやら、昔は加夫刀比古神を祀っていたが、改めたらしい。

 もっと地方独自の神を大事にして、中央の神の名に改称することのないようにして欲しいと思う。
コメント (0) /  トラックバック (0)

コメント

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://cactusleaf.blog60.fc2.com/tb.php/413-58e9979a
編集

t

Author:t
男性。詳しくは自己紹介で。
mixiの所在
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 石川情報へ
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 福井情報へに参加中。

Powered by / © Copyright 石川県と福井県の神社 all rights reserved. / Template by IkemenHaizin