白比古神

カテゴリ:祭神 [2009年10月14日 19時00分]
sirahamasirahiko1
白比古神社 (七尾市白浜町)

toriyasirahiko1
白比古神社 (中能登町良川)

No.6
神名白比古神
吉田家本は「シラヒコ」、『神祇志料』は「シロヒコノ」、現在は「シラヒコ」
関連社名(A)白比古神社 (七尾市白浜町)、(B)白比古神社 (中能登町良川)
備考(A)社の現在の祭神は猿田彦大神だが、『石川県鹿島郡誌』では神社明細帳作成の際、誤って白比古神を欠いてしまったものと見ている。
(B)社の現在の祭神名は白比古大神

1 記載の収集
 記載は適当に旧字を新字へと改めています。

(A) 白比古神社 (七尾市白浜町)

此の入海の奥に直津村と云あり。此氏神は海より上り給ふ大石也、少彦名命の像石と云り。(1)


白比古神社 式内一座、三引保白濱村鎮座、称石船明神、今称白髭明神、(2)


邑伝ニ、白濱ノ邑名ハ神号ヨリ起ルト云、今里俗、白髭明神ト称スレト、寛永元年ノ能登紀行ニ、白濱村白彦神社アリ、海浜ナル岩舟ノ崎ト云岩ハ白彦神ノ故事ヲ伝承スト、又安永六年ノ能登路記ニ、白比古神社ハ大ナル宮森ニテ洲崎ノ山麓ニ鎮座スレト、元ハ山上ニ社殿アリシヲ、百年許前ニ今ノ地ヘ転社ス、神宝ハ石ニテ、此像石白濱村ノ海中ナル黒岩ト云嶋ヘ留リシヲ移シ祀ルト、今彼黒岩島ニ岩舟ト称シ船形ナル岩アリ、是像石ノ乗来リ玉フ御船ナリト口碑ス、

一説ニ、赤蔵神社ハ白比古神社ノ本社ナリ、
(3)


白比古神の御名外に見へたるものなし。神名帳に、三河国宝飯郡に赤日子神社といふもあり。古事記に、八瓜之白日子王、境之黒日子王といへる皇子の御名見へたり。記伝に、白とはいかなる所由の御名にか。若くは御兄の黒日子は色黒く坐し、白日子は白く坐せしにもやあらむ。

山上に御社ありし比は、海上の通船および馬上にて往来する者を咎め給ふにや。此麓にて通舟とどまり落馬する者折々ありし故に麓へ遷し奉りしとなり。今白濱・深見両村の産土神なりしに、若此両村に賊心の者などあれば、必とどめ給ふよし里人いひ伝へり。
(4)

(B) 白比古神社 (中能登町良川)

(気多大社についての記述から)
又毎年十一月中の巳の日は鵜祭とて、

同国鹿島郡中山の郷鵜浦村より鵜を取て捧ぐ。一宮まで十一里道の程あり、道すがら勧進す。処口本宮にて卯の日新嘗の祭礼とてあり。夫より良川村の宮にて一宿し、己午の日一宮にて清の祓あり、丑の刻に神前へ鵜をはなつ。
(1)


良川白山社

良川一村の産神也。今ハクサンと称す。或は式の白比子神社也とす。旧社のよしなれども、白比古神社たる証拠更になし。白山の名よりして白比古なりと云出たるよし。
(4)


◇以下より転載
(1) 『能登名跡志』87、7頁 太田頼資・著/安永6年 日置謙・校訂/昭和6年 石川県図書館教会・発行
(2) 『加能越式内等旧社記』(森田平次が白山長吏所蔵の古写本を謄写、明治前期頃)
所載は『神道大系 神社編三十三』神道大系編纂会・編/昭和62年 神道大系編纂会・発行 中の「加賀・能登國」11頁
(3) 『石川県神社誌(加賀能登式内神社等調書)』森田平次・著/明治7年 より
所載は『神道大系 神社編三十三』神道大系編纂会・編/昭和62年 神道大系編纂会・発行 中の「加賀・能登國」77頁
(4) 『能登志徴 上編』480、272頁 森田平次・著/昭和13年 石川県図書館教会・発行

◇その他参考文献
※ 『田鶴浜の神社』8頁 田鶴浜町教育委員会・編/平成16年 田鶴浜町文化財保護審議会・発行
※ 『鳥屋町史』717頁 若林喜三郎・編/昭和30年 鳥屋町・発行
※ 『式内社調査報告』339頁 式内社研究会・編/昭和60年 皇學館大學出版部・発行
※ 石川県神社庁HP内 白比古神社白比古神社

2 所感

 式内白比古神社の論社は二社あって、どちらも白比古神と関連があるが、七尾市白浜町(A)と中能登町良川(B)では、白比古神の内容が全く違う。(A)では、白比古神は海上より上陸した大石であり、(B)では「気多神社に奉祀せられる大己貴命の御子神で地方を平定開拓し生民安堵の途をひらかれた尊神」としている(『鳥屋町史』)。

 一体どちらが式内白比古神なのか、『式内社調査報告』でも決めかねているので、素人には決めようがない。また、どちらも確証がないので、双方式内社と無関係ということもありうる。とりあえずここでは、それぞれの祭神の性質を見る。


 (A)七尾市白浜町の白比古神は、「海より上り給ふ大石」であって、その大石の名は「少彦名命の像石」という。ここでわからないのが、少彦名をかたどった石が御神体なのに、それをなぜ白比古神と呼ぶのかだ。素直に少彦名神と呼べばどうなのだろう。それに、御神体は宿那彦神像石神社 (中能登町金丸)宿那彦神像石神社 (七尾市黒崎町)と関係があるのだろうか。それはそれとして、まず漂着神の性質を持っているとわかった。

 また、「白日子は白く坐せしにもやあらむ」ということで、神様の色は白いのではないか、と思われる。もしくは大岩が白いのだろうか。「此像石白濱村ノ海中ナル黒岩ト云嶋ヘ留リシヲ移シ祀ルト、今彼黒岩島ニ岩舟ト称シ船形ナル岩アリ、是像石ノ乗来リ玉フ御船ナリ」とあって、白比古神は岩でできた船に乗ってやってきて、白浜の沖の、黒岩(くるわ)という島に着岸したことがわかる。『田鶴浜の神社』によると、「この地点は石船崎で、今の黒岩です。黒岩にはタブの老木があって、根と枝がはびこっています」という。

 また、神績として、山上に鎮座していたときは、海上の船や陸上の馬の通行を邪魔したという。前を通るな、ということなのだろうか。また、白浜・深見両村によくない心を持つ者があれば、その心を押し留めるという。


 (B)中能登町良川の白比古大神は、気多大社の祭神、大己貴命の御子という。当社は、気多大社の鵜祭の際に、七尾の鵜浦からやってきた鵜が一泊する場所であった。また、他の祭礼でも気多大社と関連を持っていると『鳥屋町史』にある。
コメント (0) /  トラックバック (0)

コメント

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://cactusleaf.blog60.fc2.com/tb.php/745-a6f5857b
編集

t

Author:t
男性。詳しくは自己紹介で。
mixiの所在
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 石川情報へ
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 福井情報へに参加中。

Powered by / © Copyright 石川県と福井県の神社 all rights reserved. / Template by IkemenHaizin