正八幡宮 (津幡町中橋)

カテゴリ:津幡町 [2008年11月11日 20時48分]

1 情報
P1000019fdoj (7)

No.87
名称正八幡宮
場所津幡町中橋
祭神気長足姫尊・誉田別尊・大鷦鷯尊・武内宿禰
創立年 
社格無格社
境内社
文化財等 
規模ごく小規模
例祭8月25日
参拝月2008.11
参考文献石川県神社誌』p252石川県神社庁編集・発行S51


2 雑感

 津幡バイパス(山側環状と能登有料道路を結ぶ道路)のすぐ横手にある神社。規模はごく小さく、社殿も祠のごとき小ささ。こういう小さい神社は、地域社会でどのような立ち居地にあるのか?初詣に来たりする人は居るのでしょうか?

 それとも何か、周囲の厄除けの任を担っているといった神社なのか?どういう機能を担っているのかさっぱり見当が付かぬ。そういうのは現地聞き込みするべきですかね。土地の古老とかに聞けばよさそう。若い夫婦とか、この神社に詣でることはないんじゃなかろうか。

(2009.2.3追記)
 もと小濱神社の附属社という。

P1000019fdoj (6)
 津幡バイパスを望む。交通量が多い津幡バイパスのすぐ横なので、かなりうるさい場所で、静謐さはない。植物も大して繁茂しておらず、騒音を和らげるまでにいたらず、周囲の雑音に対してむき出しにされている感じだ。
 たとえ大道路の傍でも、植物がしっかりしていれば、かなりの雰囲気はありうるが…

3 おまけ

P1000019fdoj (8)
 石造りの鳥居

 鳥居…?鳥居…、だと思う。多分。でもやはり違うかも。
 すぐ近くの新興住宅地、井上の荘の入り口に建つ、石造建築物。なんらかの実際的な機能を担っているとは考えにくく、むしろ呪術的な意味でも持ってるのでしょう。それとも現代美術か?
 人はいつの世も一見して意味不明な建築物を作り続けて来、それに後付で意味が発生してきた。これまでも、そしてこれからも、という一例。

コメント (0) /  トラックバック (0)

コメント

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://cactusleaf.blog60.fc2.com/tb.php/97-269f5eb8
編集

t

Author:t
男性。詳しくは自己紹介で。
mixiの所在
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 石川情報へ
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 福井情報へに参加中。

Powered by / © Copyright 石川県と福井県の神社 all rights reserved. / Template by IkemenHaizin