若狭の式内社・県社・郷社を1泊2日で全部まわった

カテゴリ:福井県の神社 [2010年05月09日 22時03分]
 若狭の式内社・県社・郷社を1泊2日で全部まわった。

1日目

 美浜町からはじめる。木の芽峠の道が険しく、美浜原発近くの丹生神社に着いた時には10時だった。4社目の織田神社境内で大量の猿が参道を横切る。ボス格なのか、でかい猿が一匹で木に寄りかかり、こちらを見ていたので、手を振って「こんにちわ」と声をかける。すると攻撃と察知したのか、猿がこちらにとびかかりそうな体制を取る。飛びかかられたら皮膚がむしれていたかもしれない。
 猿は決して愛玩動物ではなく、人間にとびかかる害獣、さらにあいさつ運動を見知らぬ者に行うと危険なので、あいさつはしないほうがいいと、あらためて認識した。

tobikakarusaru

 美浜町を終え、若狭町の三方町に入る。名神大社・うわせ神社を見るが、かつて名神大社だったとはいえ、今の規模はそれほどでもなく、名神大社とは見えない。まずそうな食堂か高そうな食堂しかみつからなかったので、やむをえずファミリーマートでたらこスパゲッティを買って食べるが、薬品のにおいを感じる。
 三方五湖と梅を見つつ、常山半島先端の常神社へと向かうが、ひどい曲がり道で車中のティッシュが左右を揺れたので、後ろの座席にティッシュ箱を移す。若狭町をすべてまわり終えた時点で5時だったが、隣接する小浜市の国幣中社、若狭ヒコと若狭ヒメを見に行く。境内にやたらと案内板が置かれているが、人気のないところはよかった。
 タラの庄、総社などをまわり、6時半になる。

 10時から始めて6時半までで、33社まわった。510分を33で割ると、移動時間を含めて1社16分くらいで見た計算か。ただし、常神社ひとつ見るのに1時間半くらい取られたので、実際は420÷32で13.125分くらいか。これは努力といえるのか微妙だが、全く世間的な価値はなく、むしろ病的で偏執的な行動として排斥される原因になる。もしくは、もっと効率よくまわれる、という自慢めかした指摘が誘発され、不毛としかいえない。

 小浜市の安宿に素泊まりした。

2日目

 8時に出発し、小浜市の県社・郷社を全部回る。神社に行く人間は、県社・郷社を重視せず、やたらと式内社ばかりをまわるか、または方針もなく適当にまわろうとするが、県社・郷社〔1〕→天然記念物所有神社〔2〕→文化財〔建造物〕所有神社→式内社 というまわりかたが正しい。※〔1〕、〔2〕は入れ替え可能

 おおい町に統合された名田の庄から、山越えでおおい町の式内社すべてまわる。海沿いに巨大な建物があり、町財政の豊かさを見せつける意図が見える。原発を持つ自治体は有り余る金を巨大なハコモノにまわす傾向があるとわかった。12時に道の駅でソースかつ丼700円を食べる。

 ついに最後の高浜町式内社をすべてまわり、日置神社で終わり。計52社くらいまわった。正確に数えていない。

 今回の神社行でわかったのは、ものを集めることは決して人に精神的余裕を与えないということ。世間では「癒し」や「パワースポット」という言葉で神社をくくって観光案内しようとする意図が一部に見えるが、自分はむしろ神社をまわることにより精気を消耗した。まわる途中で右手がしびれ、左の後頭部に圧迫感があった(疲れるとよくそうなる)が、脳卒中の前兆かも知れない。

 いつかこのウェブログの更新が途絶えたら、神社をまわりすぎて脳卒中で倒れて死んだとおもってください。
コメント (0) /  トラックバック (0)

コメント

この記事にコメントする

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://cactusleaf.blog60.fc2.com/tb.php/973-f0df5152
編集

t

Author:t
男性。詳しくは自己紹介で。
mixiの所在
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 石川情報へ
にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 福井情報へに参加中。

Powered by / © Copyright 石川県と福井県の神社 all rights reserved. / Template by IkemenHaizin